みんな大好き「コンビニチキン」! 4社・8商品を食べ比べてみた

2015.10.22 11:50

コンビニに行ったらつい買ってしまう人気商品「フライドチキン」。店舗ごとに個性的な商品が出ていますが、今回はその中からノーマルタイプとピリ辛タイプを食べくらべ。あなたはどれが好き?

最近になって本当に充実してきたコンビニレジ横のホットスナックコーナーですが、その中の主役のひとつがサクッとジューシーな食感でおなじみのフライドチキン。コンビニ各社がしのぎを削るジャンルだけに、さまざまな工夫が込められたメニューなのです。

なかなか横並びで比較することのないこれらのチキンメニューを一堂に集めて試食会を開き、食べ比べしてみました。今回はノーマルのフライドチキンと、各社がそろえているピリ辛のチキンをピックアップしています。各商品の紹介と、試食会のコメントをご覧ください。

※実測値は商品の個体によって異なります。

※エネルギーや栄養価は公式の数値です。

Lチキ レギュラー(ローソン)

価格:148円(税込)

実測値:重さ 73g/サイズ 95×65mm

エネルギー:288Kcal

まずはローソン代表の「Lチキ」です。スパイスの利いたサクッとした食感の衣とジューシーな肉質は、揚げ物のチキンメニューの定番のスタイルと言えます。2009年に登場し、今ではローソンの人気商品「からあげクン」に並ぶローソンの大人気メニューとなってます。

「食べたときにスパイスの香りが広がっていい」

「これはケンタッキーっぽい味だね」

「肉がすごく柔らかい。ちょっと軟らかすぎるかも……」

「おいしい」

<ポイント>

サクサク感 4

肉汁 3

スパイス 4

揚げ鶏(セブンイレブン)

価格:170円(税込)

実測値:重さ 87g/サイズ 95×80mm

エネルギー:170Kcal

セブンイレブン代表の「揚げ鶏」は、他のフライドチキンとは異なる素揚げが特徴。2013年に新登場したメニューで、味も他社とは異なり、和風醤油味がベースの一線を画する存在となってます。衣がないぶん低カロリーで、リピーターも多いようです。かぶりつくと飛び出す肉汁に注意!

「あ、衣がないので、これはちゃんと肉を食べてる気がしますね」

「肉汁の量が多い。かじるとジュワッと出てくる!」

「肉の味がしっかりとあった、食べたときの満足感が高いです」

「フライドチキンとは違うけれど、これはこれでおいしい」

<ポイント>

サクサク感 1

肉汁 5

スパイス 3

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント