『アベンジャーズ/エンドゲーム』 ©Marvel Studios 2019 All rights reserved.

公開されるやいなや、全世界で規格外の興収記録を打ち立て続けている『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)。

ついに不朽の名作『タイタニック』を超え、公開11日目にして、あっという間に全世界歴代興行収入2位に躍り出ました。

話題の本作が気になるけど、「マーベルは全く知らないし、シリーズを予習してからの方が…」と、二の足を踏んでる人は必見。

今までの作品の総集編!などと言われていますが、極論、1作も見てなくても大丈夫!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を、劇場で公開中の「今」とにかく観に行くべき理由を、3つのポイントでレクチャーします!

 

※本記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』に関するネタバレは、一切ありません。ご安心ください。

1.伝説の作品が誕生した瞬間を、リアルタイムで体感できるのは今だけ!!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』 ©Marvel Studios 2019 All rights reserved.

必ずや、歴史に残る作品になる!

2008年公開の『アイアンマン』より11年。

マーベル・スタジオは21もの作品を公開し、全てが全米オープニングNo.1を達成するなど、世界中でも大ヒット。

シリーズ累計興行収入は約1兆円にものぼり、あの『スター・ウォーズ』シリーズを遥かに超える、大記録を今なお更新し続けています。

また、今回の『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、MCUに大きな区切りをつける、集大成の作品。

今までの人生は、本作を見るためにあった…と、大げさじゃなく思える作品でした。

人類史上No.1とも言える本作が公開されているタイミングに、自分が生を受けている奇跡。

そして、伝説の終幕をリアルタイムで見届けられた、と言う事実に、心から感謝する日々です…!

『スター・ウォーズ』の再来を、目の当たりに出来るかも!

筆者が生まれた時には、既に伝説のシリーズとなっていた『スター・ウォーズ』のように、『アベンジャーズ』シリーズも、必ず歴史に残る作品になるはず。

歴史に残る作品は数あれど、どんなに願っても、その作品が封切られた瞬間には戻れないんです。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』なんて、42年前ですよ。生まれてすらないわ。

公開当時に劇場で見られた人が、本当に羨ましい…。

そんな歴史に名を残す作品になるであろう『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、今現在、劇場に行けば見られるんです!!

これもう、奇跡ですよ。ハッキリ言って。

まだギリギリ、リアルタイムで体感できるんです!

観に行かないという選択肢が、どこにあろうか!!

まずはとにかく観に行って!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』 ©Marvel Studios 2019 All rights reserved.

さらに、上映時間も規格外な本作。

冷静に考えて、181分の息つく間もないような密度の濃い映像を、1800円で見られるってのも、凄い話。

あの濃さで1分10円は破格すぎるし、私だったら1分につき5万円は出します。

絶対に、今後100年は残るような、伝説的な作品になる事間違い無しなので、公開中の今現在に居合わせられた事に感謝して、まずは観に行って欲しい。

後悔は絶対にさせません。私が保証します。

 

※MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)=マーベル・スタジオ製作のヒーロー映画が共有する架空の世界、及び作品群の総称。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます