近年人気が高まっている「ブラジリアンワックス脱毛」。永久脱毛ではありませんが、施術をすることで角質が取れて、肌がつるつる・すべすべになるメリットはよく知られているところ。

中でもとくに注目を集めるのは、アンダーヘアのブラジリアンワックス脱毛です。日本でもアンダーヘアを整える文化が浸透しつつあり、その流れでブラジリアンワックス脱毛が注目されるようになったのだと思われます。

私は2014年に初めてブラジリアンワックス脱毛を受けて以来、その魅力に取り憑かれています。

今回は、ブラジリアンワックス脱毛の基本事項やメリット、脱毛後のことを体験記としてお届けします。

きっかけは「男性体験者」から勧められたから

もともとアンダーヘアの量が多く、しかも毛が濃くて、どうしたものかと悩みのタネでした。

全身脱毛はしていたものの、アンダーヘアだけは「部位が部位だけに痛そう」「怖い」という思いで、自分で長い毛をカットするくらいで、脱毛には挑戦できずにいました。

そんななか、アンダーヘアのブラジリアンワックス脱毛をしているという知人男性から「とても快適。痛いと思うじゃん? でも、痛いのは一瞬だけ。注射大丈夫? それなら全然イケるよ」と言われ、思い切ってやってみることにしたのです。

アンダーヘアのブラジリアンワックス脱毛、基本のき

温めたワックスを脱毛したい部位に厚く塗り、少し時間を置いて固まったワックスと毛を一緒に引き剥がす「ハードワックス」が、アンダーヘア脱毛では主流になっています。

皮膚に温かいワックスが乗ることで、毛穴が開いて毛を抜きやすくなるほか、毛の流れとは逆方向にベリッと一瞬で剥がすため、毛を毛根から抜くことができるのです。

ワックスの主成分は、粘着質の「蜜ろう」や「松やに」など。天然植物由来の成分が使われた肌により優しいワックスもあります。サロンによって使用しているワックスは違うので、気になる場合は問い合わせると良いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます