【BUCK-TICK】ハマったきっかけ、好きなアルバム…20~30代ファンが魅力を語る【座談会】

2016.2.17 12:00

不動のメンバーで四半世紀以上ロックシーンに君臨し続けているBUCK-TICK。その魅力を20~30代のファン男女の方に集まってもらい、語ってもらいました。

(イラスト・蟹めんま)(イラスト・蟹めんま)

不動のメンバーで四半世紀以上ロックシーンに君臨し続けているBUCK-TICK。その魅力を20~30代のファン男女の方に集まってもらい、語ってもらいました。

【参加者】

●水田眞子さん(20代) 「ウレぴあ総研ディズニー特集」などで執筆するフリーライター。実はBUCK-TICK 好き。

●DJニッチさん(30代) DJ。V系オンリーのクラブイベント「Vニッチ」を主催。

●山川さん(30代) 都内のヨガインストラクター。今井寿さんのファン。

『殺シノ調べ』の出た年に生まれました。(水田)

――まずは3人の自己紹介からお願いします。

水田:え~と、『殺シノ調べ』が出た年に生まれました。

ニッチ・山川:えっ(笑)。

水田:92年ですね。リアルタイムで聴き始めたのは『Alice in Wonder Underground』が出た時からで、アルバムは『天使のリボルバー』かな。

ニッチ:『天使のリボルバー』が07年のアルバムだからほぼ10年前だね。

山川:もうそんなに経つんだ…。

水田:もちろんその前からBUCK-TICKの名前は知っていました。どうして聴くようになったかというと、まず『Alice in Wonder Underground』のPVが可愛かったということもあるんですが、私cali≠gariがすごく好きで、とくにギターの青さんのファンで、その方がBUCK-TICKの熱烈なファンだったので聴いてみようと思ったんです。

――好きなミュージシャンのルーツをだどっていくうちにBUCK-TICKに出会ったと。

水田:でも最初は初期から順番に聴き始めたので、正直そこまで心にグサッと刺さるような衝撃はなかったんで す。その後『RAZZLE DAZZLE』が出た時に、ジャケットが宇野亜喜良さんだったこともあって改めて興味を持つようになりました。

だからライブに行き始めたのは本当にここ数年なんですよ。フェス(BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE) の前に、フェスに出るバンドと 2マンツアーをしていたじゃないですか。

私、MERRY も好きなんですけど、そのツアーで MERRYとBUCK-TICK が対バンすると聞いて観に行った んです。そして初めて生で見た BUCK-TICK に感激して「本当にかっこいいバンドだな」とその後すぐファンクラブに入って...。その後は、首都圏でライブをやる時にはコンスタントに通っている感じです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング