テーマは「カセットテープ」。杉本恭一(レピッシュetc)が盟友と“アート×音楽のコラボ展”開催

杉本恭一(レピッシュ/analers/ANABA、他)が、同世代のクリエイターとコラボ展を開催。テーマは近年再注目を集める「カセットテープ」。彼が今回見せるものとは?

flag

杉本恭一、SKULLPOP(デザイナー・DJ)、緒車寿一(フォトグラファー)、JELL-O(ストリートアーティスト)の4人が、アートと音楽のコラボ展覧会『STOWAWAY』を開催する。

同世代の4人が創り出すアート空間の主役は、自分たちのミュージック・ジェネレーションを彩った「カセットテープ」だ。

アナログとは、スタイルでありスタンス、そして表現方法

カセットテープが、音楽メディアとして重宝された時期が長いのは、「SONY製 WALKMAN」が発売されたのも一因だろう。

1970年代後半、音楽リスナーを虜にした「WALKMAN」。ステレオの再生専用に特化した片手に収まるコンパクトな機械は、「WALKMAN」という言葉が和製英語だったこともあるが、革命的な発明という畏怖もこめられ、英国では“STOWAWAY-密航者-”という名称で発売された。

WALKMANの発売に歓喜した、当時、高校生だった4人。

もちろんまだ出逢っているはずもなかったが、WALKMANにカセットテープを入れ、そのテープが伸びるまで何度も再生したアルバムや、楽曲は、同じだった。

カセットテープ型WALKMANの日本国内での販売終了が発表されてから数年。

4人のアーティストが「カセットテープ」と「STOWAWAY-密航者-」をテーマに、それぞれの方法で、アナログと未来をつなげる。

彼らにとってアナログとは、スタイルでありスタンス。そして表現方法だ。

中心人物の杉本恭一は、ジャケットデザインはもちろん、己のギターにもイラストをほどこすなど、アートと音楽を同じ“表現”として捉え、いつも自分のすぐ傍においてきた。彼が選んだ盟友たちが、ソフトの便利さに頼らないアート空間を展開する。

開催中には、同会場で杉本恭一のライブ(有料)も予定されている。

詳細は【STOWAWAY】オフィシャル・ホームページでチェック!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング