宮澤佐江

――佐江ちゃん、昨年の6月以来、約1年3ヶ月ぶりの取材です。よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

――今回、再始動するにあたって、タイトルも新しくなりました。新タイトルは「ミラチャイ☆」です。これまでの連載は「ミラチャイ」、これからの連載は「ミラチャイ☆」です。

※2013〜2016年まで、AKB48グループを卒業するまでを追った初代連載「ミラチャイ」。卒業後の2016年7月からは、女優・タレントとして活躍する彼女の成長を追う連載「ミラチャイ」新シリーズ

はい!「☆」が付いていることを、誰が最初に気づくかなと思ってるんですよ(笑)

――「☆」を付けるのは、再始動前の打ち合わせで、佐江ちゃんからいただいた案でしたね。「ミラチャイ☆」の読みは、これまでどおり”ミラチャイ”でよいのですよね。で、「☆」に込めた思いなどはあるのですか?

(いたずらっぽく笑う佐江ちゃん)

「☆」の意味はね…、今は言わない。それは秘密、ひ・み・つです!

――えー!!(笑)。いつか答え合わせできる日を夢みて、「ミラチャイ☆」連載スタートしましょうか!

はーい!

――まずは連載を再始動することになった経緯からお話していきましょう。佐江ちゃんのマネージャーさんから連絡があって、その後に改めて、佐江ちゃんを含めてお話させていただきました。話し合った結果、「連載を再始動させましょう」という形になりました。

そうでしたね。まず、私自身についてこんなに長く連載していただいたのは「ミラチャイ」連載だけでした。

2012年にAKB48だった私が上海へ行くと決まってから、2016年に卒業するまで。この4年間は、これからの人生でも二度とないんじゃないかっていうくらい、濃すぎる日々を送っていました。

もちろん、アイドルを卒業した後の人生のほうが長いから、これからも濃い人生を生きていきたいと思っているんですが、やっぱりあの4年間は濃すぎる日々でした。

その日々を「ミラチャイ」連載では、毎月、日記を付けるように取材していただいて、文字にしてもらっていたんです。本当に長い期間続いた連載でした。

活動一時休止を経て、ホリプロに所属することになったとき、これまでどんなお仕事をしてきたかをお話する機会があったんです。そのときにもまず、

『長い間「ミラチャイ」という連載をしていました』

って、お話したんです。それで「ミラチャイ」を見てくれたマネージャーさんが、

「またできるなら〈ミラチャイ〉をやりたいよね」

って、真っ先に言ってくださって。たぶん私の中での「ミラチャイ」連載のインパクトが強すぎたのかな(笑)。そのあと、マネージャーさんから編集部さんに連絡をしてもらって、というのが再始動のきっかけなんです。

もしも「ミラチャイ」連載が、1年間くらいの連載なら「もう1度やりたい」っていう気持ちになったかどうかはわかりません。だけどそうじゃなくて、何年もかけて、何百回も続けてもらったから、自分でも誇りをもっていた連載だったんです。

だから、もう1度できるならと思って。一時休業して復帰した私の新たな分岐点も、また皆と一緒に振り返っていきたくて。それで「逆オファー」をさせていただきました!

――「逆オファー」は嬉しかったです。これまでの連載は200回以上ですが、そのなかでも2回の区切りがありました。1回目は佐江ちゃんがアイドルを卒業したとき、そして2回目は去年、活動一時休止に入る前です。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます