shutterstock_271083656

妊娠中の大きな悩みのひとつといえば、体重コントロール。

「食べづわりで体重が増えてしまった」「検診のたびに体重の増加を指摘される」という人も少なくないでしょう。

体重の増えすぎを防ぐために運動を取り入れようと思っても、早産につながるのではないかと心配になりますよね。

確かに以前は、運動をすることによって産生されるノルエピネフリンというホルモンが子宮の収縮を促し、早産を招く可能性があると考えられていました。

しかし、米国産婦人科学会雑誌『American Journal of ObstetricsGynecology』の201677日号に掲載された論文で、妊娠中の運動によって早産のリスクが高くなることはないという結果が発表されました。

それだけではなく、妊娠中の運動には多くのメリットがあることがわかったのです。

妊娠中の運動は病気のリスク低下にもつながる!

アメリカのトーマス・ジェファーソン大学で、過去のデータから「よく運動をしていた妊婦」1,022人と「運動をしなかった妊婦」1,037人を比較して分析したところ、様々な結果が明らかになりました。

まず、早産の割合は運動した人としなかった人では差がないということ。そして運動をした妊婦は、していない妊婦に比べて妊娠糖尿病や妊娠高血圧の発症率が少ないということが分かったのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます