【からあげクン祭2016】計3,000個を食べつくせ! チケット即完の超人気イベント潜入レポート

2016.9.16 17:50

3,000個のからあげクンを食べつくせ!からあげクンファンの一大フェス『からあげクン祭2016』 が開催、現地レポートをお届け!

027

緑色のヤバいやつも!? 日本全国のご当地からあげクンを堪能

ドラクエ30周年を記念した「ホイミ味」が出るなど、毎回攻めた味付けが話題のローソン人気商品からあげクン。今月6日からは、地域限定の12種類の味が新発売となった。

今回、そのお披露目となったイベント『からあげクン祭2016』に潜入。それぞれの味の特徴や、クイズなどで盛り上がった会場の様子をお伝えする。

30分でチケット完売! 平日にもかかわらず長蛇の列

会場はお台場「東京カルチャーカルチャー(以下「カルカル」)」。開催は月曜日だというのに満席のため、当日券はナシ。なんと、イベント発表の30分後にはチケットが完売していたと言う。大人気ってレベルじゃねぇ!

002

会場に用意されたのは定番の「レギュラー」「チーズ」「レッド」3種類のほか、ご当地からあげクン12種類。その数、3,000個。

004

「一人ノルマ30個ですよ」と、“からあげクン事情通”の佐藤英典さんに言われ、少しビビる。

「ヤバイ味」もある? 注目のご当地からあげクン、12種類お披露目

イベントで登壇したのは、カルカルプロデューサー・テリー植田さん、からあげクンの開発担当者・「ハッシー」こと橋本拓也さん、そして前述の佐藤さんの3人。今回はツイッターで、イベントの模様や食べたからあげクンの感想等も実況可能。そのほか、「こんなからあげクンを出して!」というリクエストも受け付けていた。

ちなみに、島根出身の佐藤さんは「ちくわ味」、奈良県出身のテリーさんは、実家がそうめん屋ということで「そうめん味」をリクエスト。

「そうめん流しならぬ、からあげクン流しをやりたいです」と無茶な話を持ち掛けるテリーさんに、「なるほど。麺つゆをそっと浸けて食べてみるとか」と真面目にアイデアを出すハッシーさん。「からあげクンに不可能はないので!」と佐藤さんも絶賛だ。

007

それもそのハズ。今回登場するからあげクンの中にも、佐藤さんいわく「ヤバイ」ものも用意されていたのだ。例えば京都・滋賀・奈良・兵庫エリア限定の「抹茶塩味」は、見た目も緑がかっており、他のからあげクンとは一線を画す存在。中のお肉自体が緑色なのである。

「外国人に向けてというのもあるんですが、やはり抹茶と言えば京都、近畿エリアと言うのもありますので」とハッシーさん。

ほのかに香る宇治抹茶と、からあげクンらしいほどよい塩気が美味!興味本位で食べたら意外にハマってしまった、となりそうな中毒性がある。確かにヤバイ!

008

また、見た目も黒い九州エリアの「鶏炭火焼味」。食べると炭火で焼いたような味がしっかりするのが感動だ。揚げているのに!? すべて九州産の若鳥を使っており、原材料にもこだわりが。

009
「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント