the_originⅣ_visual ©創通・サンライズ

漫画家・安彦良和が描くガンダムコミックスを映像化したアニメ映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第5章「激突 ルウム会戦」、第6章「誕生 赤い彗星」のイベント上映の実施が決定しました。

第5章「激突 ルウム会戦」は2017年秋、第6章「誕生 赤い彗星」は2018年に上映される予定で、現在公開中の第4章「運命の前夜」から続いて、原作の中盤にあたる「ルウム戦役」が描かれる予定。シャア・アズナブルはもちろん、アムロ・レイも登場。

ガンダムシリーズの原点となる『機動戦士ガンダム』を語る上で欠かせない重要なエピソードである「一年戦争」が描かれるということで、ファンにはたまらない展開なのは間違いありません。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、ガンダムエース(KADOKAWA)にて約10年間連載していた、アニメ『機動戦士ガンダム』をベースにしたコミカライズ作品。2015年4月24日には、OVA作品としてアニメ化され、2016年11月19日(土)からイベント上映がスタートした『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』にて、シャア・セイラ編は完結となりました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます