今回は6月21日にスクウェア・エニックスからリリースされたばかりのソーシャルゲーム、「ガーディアンクルス」をご紹介します。

スクウェア・エニックスはiOSにおいても「ケイオスリングス」などの大作RPGをパッケージ販売していたのですが、「拡散性ミリオンアーサー」からソーシャルゲームへとシフトしたようですね。

ソーシャルゲームといえば射幸心を煽るとして、先日コンプガチャが廃止されたばかりですが、それでもまだまだブームは終わりそうにありません。さて、そんなソーシャルゲーム議論のまっただ中にリリースされた「ガーディアンクルス」はいかなるゲームなのか。

  

タイトル画面は素直にかっこいい。タイトルロゴは「ケイオスリングス」の雰囲気にも少し似ています。ソーシャルゲームといえば一昔前は20世紀に退行したかのようなチープなグラフィックのものが多かったのですが、最近ではスマホの普及もあり、一定のクオリティがないとユーザーからも相手にされないようになっているように感じます。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます