愛を知って強くなった佐賀を、明治神宮外苑のスケートリンクで証明します!

「はせつ、よかとこ~、一度はおいで~」

こんにちは、「長谷津町観光協会」のものです。

嘘です。イベニアライターの平原(ひらばる)です。

3月6日(月)から12日(日)まで、一週間限定で開催中の『サーガ!!! on ICE(サーガオンアイス) in 明治神宮外苑アイススケート場』。佐賀県をフィーチャーしたこの催しを、佐賀出身ライターとして取材しました。

佐賀と言えば、かつて「ロマンシング・サガ」や「スプラトゥーン」、「おそ松さん」ともコラボしたことで話題に。今回は、2016年にテレビ放送された人気フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」とのコラボが実現しました。

「アイスキャッスルはせつ」をリアルに再現!

『サーガ!!! on ICE』企画の経緯は、物語の主人公である勝生勇利の出身地「長谷津町」が、佐賀県の唐津市がモデルになっていることから。

イベントは東京と佐賀の2か所で開催されます。東京サイドの開催地である明治神宮外苑アイススケート場には、劇中で登場した「アイスキャッスルはせつ」が再現されています。

入口からすでに見覚えのある「アイスキャッスルはせつ」のロゴが! イベント用に描き下ろされた、オリジナルデザインの勇利たちもお出迎えしてくれます。

エントランスを抜けたら、フロントカウンターの下にも注目。アニメの3話目で、主人公の勇利と、ライバルのロシア人選手ユーリ・プリセツキー(通称:ユリオ)が戦った「温泉 on ICE」のポスターが。イラストはもちろん、アニメ内で使われていたものです。

続いてスケートリンクに入ってみると、壁面装飾にも「アイスキャッスルはせつ」のロゴ。

そして、アニメでもやたら目についた「ドライブイン鳥」と「牧のうどん」の広告も。実は、どちらも実在する店舗名です。「ドライブイン鳥」は佐賀県伊万里市で40年続く焼鳥屋の老舗で、「牧のうどん」は佐賀と福岡に展開するうどんチェーン店。

「ユーリ!!!」ファンにとっては、もはや単なる広告ではなく、作品の「アイコン」にもなっていますね。

場内には勇利たちと一緒に写真を撮れる、キスアンドクライ風のフォトスポットも。フキダシ調のボード(フォトプロップス)なども使って記念写真が撮影できます。ワーオ、アメイジング!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます