ケンシロウ役の大貫勇輔 (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

 原作・武論尊、漫画・原哲夫による伝説的コミックス『北斗の拳』がミュージカル化され、12月に上演される。原作コミックスは、最終戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、愛と悲しみを背負いながら救世主として成長していく姿を描く。今回のミュージカル化では、音楽をフランク・ワイルドホーンが書き下ろし、演出を石丸さち子が担当する。主人公のケンシロウを演じる大貫勇輔に、本作に懸ける思いや公演への意気込みを聞いた。

-ミュージカル化が発表され、大きな反響があったかと思いますが、大貫さんご自身は、ケンシロウ役で主演が決まったときの心境はいかがでしたか。

 最初は聞き返してしまったぐらい驚きました。「北斗の拳」をミュージカル化するということもそうですし、僕がケンシロウを演じるということも、本当に驚きの連続で…二つ返事で「やらせてください」と言ったものの、本当に僕にできるんだろうかと不安や恐怖がありました(笑)。

-まさに、「どうやってミュージカル化するのか」というのは、ファンの皆さんも思っているところだと思います。

 そもそも原作では、ケンシロウは寡黙な男で、しゃべるよりも行動で示す人物というイメージがあったので、歌い踊るとどうなるんだろうと思っていたんですが、いざ本読みをしたら、音楽が流れてケンシロウが歌い、しゃべると、もしかしたらケンシロウは心の中ではそんなことを思っていたのかもしれないと感じました。それは、ミュージカルならではだと思います。やっぱり音楽の力はすごいなと思いましたし、ケンシロウはそういう気持ちだったのかもしれないと納得させられました。ミュージカル化は原作ファンにとっても、新しい気付きや新しい面白さを感じていただけると思います。

-ケンシロウの心情が歌に乗せて歌われるんですね。

 漫画では、流れるように闘いのシーンが進んでいきますが、今回は、キャラクターの心の内が歌になっているので、「そういう思いを持っていたのかもしれない」と気付かされるシーンが入っています。ラオウが最後の闘いに挑むシーンも、ラオウの孤独や悲しみ、なぜそうなってしまったのかということが、歌で吐露されることによって、原作よりもより具体性を持って描かれています。音楽の力を借りて、キャラクターそれぞれの個性や、彼らが選択してきた愛、正義、悲しみがよりはっきりと見えてくるように思います。

-ケンシロウを演じるに当たって、今は、どこをポイントにしたいと考えていますか。

 非常に人気のある原作だけに、ケンシロウのイメージを皆さんが持っていると思いますので、それを裏切らずに、その上で、大貫勇輔がケンシロウをやる理由を見つけられたらと思います。ケンシロウの物まねではなくて、そこにいかにリアルにケンシロウを存在させられるかが大きな課題です。筋肉をつけて体作りをするというのはもちろんのこと、ケンシロウがどんな人生を送ってきたのかという人間像をこれからもっと深く掘り下げていきたいと思っています。

-ダンサーでもある大貫さんがケンシロウを演じるということで、ダンスシーンや身体表現にも期待が高まりますが、どのような形で取り入れられるのでしょうか。

 (取材当時)まだそれに関しては稽古前のため、僕自身も分からないんです。ただ、もちろんそういったシーンもたくさんあると思います。闘うように舞うのか、舞うように闘うのかも分かりませんが、僕自身は“ダンサーが闘っている”のではなく、しっかりとした“闘い”も見せたいと思っています。そのために、2月から空手も始めました。格闘技で学んだ殺陣のキレを大切にしたシーンがあったり、ダンサーである僕らしい要素も足した踊りのシーンがあったりと、そこは分けて考えて、どちらもお見せできたらと思っています。

-先ほど、本作の公演に向けて体作りもするというお話がありましたが、具体的にはどれぐらい体を作り込む予定ですか。

 この作品に出演が決まったときからトレーニングは始めていて、今年の初めからはパーソナルトレーナーを付けて本格的なトレーニングをしています。週2回はトレーニングをしているので、毎日、筋肉痛という生活です(笑)。増量期もあれば減量期もあるので、その時々で体重は増減していますが、最終的な理想は74~5キロ。トレーニング以前の70キロぐらいの体に、筋肉を4キロプラスした体がいいのではないかなと思っています。

-本作は、ミュージカルファンのみならず、原作ファンの人からも注目されている作品だと思いますが、原作ファンの人にはどんなところが見どころですか。

 僕個人は、この作品はケンシロウの成長の物語だと思っています。ケンシロウはたくさんの人間の思いを背負って闘います。僕たちは皆、家族だったり、大切な人だったり、何か守るもののために働いていたり頑張っていたりすると思うので、ケンシロウの姿は、きっと多くの人の胸を打つんじゃないかなと思います。原作が好きな方にとっては、知っているせりふや知っているシーンが絶対に出てくると思うので、漫画を読んでいた当時を思い出しながら、今の自分とリンクさせながら見ていただけたらと思います。原作を読んで育った方たちに、もし、見ていただけたら、どんな感想をもらえるのか。すごく興味があります。

-改めて公演への意気込みを。

 ミスミのじいさんが「今日より明日」という名言を残していますが、当たり前が当たり前じゃなくなってきた今だからこそ、一瞬一瞬を、一つ一つの出来事を大切に感じて積み重ねて、12月の公演に向けて日々を過ごしていきたいと思います。ぜひとも応援のほどよろしくお願いいたします!

(取材・文/嶋田真己)

 ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」は、12月に都内・日生劇場ほか翌年1月大阪、名古屋で上演。

公式サイト https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2021/

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます