浜松町駅西口の再開発と芝浦プロジェクトにあわせて、浜松町エリアの整備を推進

東日本旅客鉄道(JR東日本)、世界貿易センタービルディング、野村不動産、東京モノレール、鹿島建設の5社は、浜松町駅西口開発計画および芝浦プロジェクトに合わせて、浜松町駅エリアの整備を推進していることを、5月18日に発表した。

浜松町駅エリアの整備計画では、駅周辺エリアを広域的につなぐ歩行者ネットワークの構築、および浜松町駅の交通結節点としての機能強化を図り、利便性の高い魅力ある都市環境の整備を目指している。

具体的には、浜松町駅北口を中心に、竹芝・汐留方面、芝大門方面の各エリアをつなぐ歩行者ネットワークを形成し、線路をまたいで東西をつなぐ自由通路によって、JR浜松町駅と東京モノレール浜松町駅の北口に新たに整備される改札からの、フラットなアクセスを可能にする。

浜松町駅南口には、既存の自由通路に加えて新たな自由通路を整備し、混雑緩和やバリアフリーへの対応を図り、浜松町2丁目エリアと芝浦エリアをつなぐ歩行者ネットワークの強化を目指す。

浜松町駅の東側には、旧芝離宮庭園に沿って歩行者専用道路を整備し、竹芝・汐留方面と芝浦方面を緑豊かな空間でつなげる。

そのほか、浜松町駅中央改札前にひろがる中央広場と、「ステーションコア」と呼ばれる歩行者ネットワークを一体整備することによって、JR山手線および京浜東北線、東京モノレール、都営地下鉄、バスターミナル、タクシーのスムーズな乗り換えを実現する。

浜松町駅西口開発計画は、世界貿易センタービルディングおよび東京モノレール浜松町駅の建替事業として、2026年度竣工の世界貿易センタービルディング本館・ターミナルと、2029年度竣工の東京モノレール浜松町駅舎建設を予定している。

芝浦プロジェクトは、浜松町ビルディングの建替事業として、2025年2月竣工のS棟と、2030年度竣工のN棟で構成される、ツインタワーの建設を予定する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます