東京都、育休の愛称を「育業」に決定。育休を“社会の宝である子どもを育む期間”に

東京都の子供政策連携室は6月29日に、「こどもスマイルムーブメント」の一環として、「育休」の愛称を「育業(いくぎょう)」とすることを発表した。

「育休」の愛称は、「育休」を“仕事を休む期間”ではなく“社会の宝である子供を育む期間”と考える社会のマインドチェンジに向けて、4月28日~5月30日の期間に募集され、8825件の応募が寄せられた。

「育業」のコンセプトは、育児が“未来を担う子どもを育てる大切で尊い仕事”であり、「業」には“仕事”という意味に加えて、“努力して成し遂げること”という意味があることから、苦労が大きい分、幸せも大きい育児は、まさに「業」と考えられる。また、業務にチームワークが重要であるように、育児には周囲の協力が不可欠であり、育児休業には職場の理解が必要なため、育児休業は皆で協力し合う「育業」といえる。

「育業」という愛称の誕生にあわせて、東京都は「育児のために仕事を休む」のではなく「大事な仕事である育児に取り組む」と考えるマインドチェンジを進め、男女を問わず望む人誰もが「育業」できる社会を目指すことを呼びかけている。

「こどもスマイルムーブメント」は、社会全体で子どもを大切にする気運を醸成し、安心して働き、子育てができる環境づくりを目指す取り組み。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます