THREEPPYで発売中のシャワーヘッド(SV)(筆者撮影)

「THREEPPY」といえば100円ショップ・ダイソー系列の一つで、300円で購入できる商品が多く取り揃えられている。いわゆる「300円ショップ」と呼ばれる業態の店である。そんなTHREEPPYで見つけたのが「シャワーヘッド(SV)」。ネットで口コミや情報を調べてみると、販売当初はどこの店舗を探しても在庫がないこともあったほど、注目度の高い商品であることがわかった。半信半疑で実際に使用してみたところ、見た目のクオリティも高く、使い心地や使い勝手も良く、文句なくおすすめできる商品だった。

今回はコスパも良い上、高見えするTHREEPPYで見つけたシャワーヘッド(SV)の魅力を紹介しよう。シャワーヘッドにこだわりたい人は、ぜひ参考にしていただきたい。

THREEPPYシャワーヘッド(SV)の特徴

シャワーヘッド(SV)の主なスペックは次のようになる。

・サイズ:本体全長24cm

・材質:ABS樹脂、ステンレス鋼

・重量:190g

・最高使用温度:60℃

シャワーヘッドを交換するメリットとして、手元に止水ボタンのあるタイプなら節水効果、水圧が切り替えられるタイプならマッサージ効果などが期待できる。

中には塩素除去機能や超微細泡が出るような美容効果の高い商品もあるが、高機能のシャワーヘッドほど高いというデメリットもある。

シャワーヘッド(SV)は塩素除去機能や超微細泡のような機能こそ付いていないものの、使い勝手や使い心地は良く、何といってもコストパフォーマンスが抜群だ。

そんなシャワーヘッド(SV)には主に四つの特徴がある。

3段階に切替可能なシャワーモード

切替スイッチを押すことで、手元で簡単に自分好みの水圧に切替できるのが特徴の一つである。シャワーモードは3段階に調節が可能だ。

・スプレーモード

まず一つ目のモードは「スプレーモード」だ。スプレーモードは3段階のシャワーモードの中で一番なめらかで優しい水流が出る。

シャワーの強い水流による刺激が苦手な人や洗顔時にやさしく泡を洗い流したいと考えている人、他にも子どもやペットにもおすすめだ。

通水穴が極細なので、まるでミストシャワーを浴びているかのような包み込まれる感覚は何とも心地良い。

筆者はなるべく刺激を与えたくない洗顔時や体全身の泡を流す際によくこのスプレーモードを活用している。

繊細でなめらかな水流は水の勢いが弱く、物足りなさを感じるのではないかと懸念していたが、水の勢いは十分満足できるものであった。

・ジェットモード

二つ目のモードは「ジェットモード」だ。3段階のシャワーモードの中で一番水流が強く、心地良い刺激を与えてくれるのが特徴である。

ジェットモードは、筆者の一番のお気に入りである。強すぎず弱すぎずちょうどよい刺激の水流は、一度使ってしまうと病みつきになる心地良さなのだ。

全身の泡を流すついでに頭皮や首、肩、背中に少し熱めのシャワーを当てることで、凝り固まった体をほぐせる。

足のむくみが気になる日は、ふくらはぎから足首にかけてリンパを流すようなイメージでシャワーをあてるのもスッキリしておすすめだ。

またマッサージだけでなく、入浴後の浴槽を掃除する際にもジェットモードで水を流すと泡や汚れも落ちやすいため使い勝手が良い。

・ジェット&スプレーWモード

三つ目のモードは、ジェットモードとスプレーモードの二つを合わせ持った良いとこどりとも言える「ジェット&スプレーWモード」だ。

それぞれ異なる吐水が、全身の泡を素早く洗い流せるのが特徴である。やさしい浴び心地の中にも程よい刺激があり、バランスの取れた快適なモードといえるだろう。

シャワーを短時間で済ませたい、しかし心地良さも欲しいという人には特におすすめしたい。

操作しやすいワンタッチ止水ボタン

シャワーヘッド(SV)には、洗顔の際など目を閉じていても、手の感覚だけでお湯を出したり止めたりできる止水ボタンが付いている。

手元で簡単に操作できるため、必要のないときにはお湯を止め、使いたいときにだけ出すという操作に手間がかからない。

こまめにシャワーを止めることでお湯の出しっぱなしを防げるため、節水にもつながるだろう。

工事や工具不要で誰でも簡単に取り付けできる

シャワーヘッド(SV)は誰にでも簡単に取り付けできるのも、魅力の一つである。特別な工事が不要なのはもちろんのこと、工具も何も必要ないのはありがたい。

取り付け方はいたって簡単。シャワーホースから既設のシャワーヘッドを回して取り外してから新たにシャワーヘッド(SV)を取り付けて回して締めるだけである。

商品パッケージの中にはシャワーヘッド本体の他に取扱説明書、変換アダプター、パッキン、Oリングがそれぞれ同梱されている。

シャワーヘッド(SV)がシャワーホースとうまく合致しない場合には、付属の変換アダプター3種の中から合うものを選んで使用していただきたい。

実際に、筆者の自宅のシャワーホースは、そのままでは合わなかったため「K」の変換アダプターを取り付けた。変換アダプターを取り付ける際も迷うことなくスムーズに行えた。

THREEPPYシャワーヘッド(SV)の三つのおすすめポイント

シャワーヘッド(SV)は、「まさか300円ショップにシャワーヘッドがあるのか」という驚きや機能性の高さ、使い勝手の良さが魅力である。

しかし、それに加えて他にも人気の理由はいくつかある。

高いコストパフォーマンス

シャワーヘッドといえば一般的な相場は、3000円~高いものでは4万円台と価格が高いイメージがある。しかしシャワーヘッド(SV)は、なんと1100円で購入できる。

このコストパフォーマンスの高さも、売り切れが続いていたほど注目度が高い理由の一つであろう。

洗練されたデザイン

一見すると高価なシャワーヘッドにも見劣りしないほど高見えするオシャレなデザインであることも、おすすめポイントである。

筆者はピカピカなシャワーヘッドを見るたびに何とも優雅な気分になり、毎日のバスタイムが今まで以上に楽しみなものとなった。

重量190gと手が疲れない重さ

いくら良い機能が付いているシャワーヘッドでも、重量が重いと使用中に手が疲れてしまったり落としてしまったりする可能性も高くなるだろう。

そんな「重いシャワーヘッドは苦手だ」という人にもシャワーヘッド(SV)はおすすめである。重厚なその見た目とは裏腹に、重量はなんと190gという軽さなのだ。

例えるなら、マンガの単行本1冊くらいである。重さにストレスを感じることなく、リラックスしたバスタイムを過ごせるのはありがたい。

毎日のバスタイムをより快適な時間にしよう

筆者はどちらかというと「シャワーヘッドなんて何を使ってもさほど大差はないだろう」と思っていた一人である。しかし実際に使用してみると、いつものバスタイムが想像以上に楽しくそして快適になった。

これからどんどん寒さが厳しい季節となってくるため、バスタイムに重きを置く人も増えてくるだろう。見た目良し、使い勝手良し、コスパ良しの三拍子揃ったシャワーヘッドで、より充実したバスタイムを過ごしてみてはいかがだろうか。(GEAR)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます