ベルステクノサービス、ディスポーザ一体型生ごみ処理機「キッチンカラット」の一般販売を開始

ベルステクノサービスはこのほど、ハウスメーカーやキッチンメーカーなどを経由して販売していたディスポーザ一体型生ごみ処理機「キッチンカラット」(ちくま精機製)の、一般ユーザー向けの直接販売を首都圏から開始した。

既存住宅に後付けできる「キッチンカラット」

「キッチンカラット」は骨や貝、卵の殻など硬いものでも粉砕できる強力なディスポーザを搭載し、粉砕後は個液分離装置によって生ごみだけを取り出す。液体はすべて下水道へ流し、取り出した生ごみを24時間かけて乾燥処理することで、総量を95%まで減らす。

これまでディスポーザは、処理槽を設置しているタワーマンションなど一部の建物にしか設置できなかった。しかし、キッチンカラットは各キッチンに機械式排水処理システムを設置するため、マンションをはじめ戸建て、新築、既存住宅を問わずに設置できる。

生ごみに触る必要がなくなるとともに、ごみ捨ては2~3カ月に一度で済むようになる。

一般販売の開始にともない「友だち紹介キャンペーン」を実施している。すでにキッチンカラットを利用している人からの紹介でキッチンカラットを購入すると、購入者と紹介者の双方に1万円分のAmazonギフトカードをプレゼントする。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます