社内資格制度「通信コンサルタント」の資格者が1000人

ノジマは、今年1月から「通信コンサルタント」の社内資格制度の運用を開始し、11月末時点で1001人が資格取得を達成したと発表した。

キャリアのヘルパーに頼らず自社の従業員がスマホプランを提案

「通信コンサルタント」は、全従業員(約8000人)を対象としている社内通信教育で専用講座を受講の後、認定テストの合格者が認定証バッジを身に着けることができる。ノジマでは、家電製品だけでなく、スマホの相談もキャリアのヘルパーではなく、すべて自社の従業員が対応している。偏りのないすべてのキャリアやプランを案内できるよう「通信コンサルタント」の社内資格制度を設け、一人一人が自主的に学べる環境を整えた。

携帯契約のオンライン化が進んでいる一方で、契約の複雑さやアフターサービス、データ移行などの面で困っている顧客の声も多数ある。店舗で直接相談できるノジマでは、すべてのキャリアから顧客の使い方にあったプランを案内する。

ノジマは、メーカー販売員のいない唯一の家電専門店として、従業員育成を進めることで、引き続き顧客の期待を超える接客を目指していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます