東京シティ競馬、大井競馬場の投票端末にコード決済既往を追加し、PayPayによる勝馬投票券購入を可能に

東京シティ競馬は12月4日に、大井競馬場(東京都品川区)内の現金投票端末にコード決済機能を追加し、「PayPay」でのキャッシュレス決済による勝馬投票券を購入できるようにする。なお、現金投票端末におけるコード決済の導入は、今回が公営競技初となる。

現金投票端末18台が対応

これまで、大井競馬場での勝馬投票券購入は現金のみ(G-FRONT指定席等での現金チャージ式キャッシュレス投票を除く)だったが、昨今のキャッシュレス決済の普及状況を踏まえて、来場者の利便性向上を図るべく競馬場内の現金投票端末(一部)にコード決済機能を追加し、コード決済市場にて決済取扱高・決済回数シェア1位の「PayPay」によるキャッシュレス決済を導入する。

今回の、現金投票端末へのコード決済機能の追加によって、現金を持ち歩くことなくスマートフォンで手軽に勝馬投票券の購入が可能になる。

コード決済機能は、L-WING1階パドック側(101B投票所)に設置されている投票端末18台に追加される。なお、PayPayマネーライトやクレジットカードでの購入はできない。また、的中した勝馬投票券は現金で払い戻される。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます