アスタリスクの手ぶら決済を実現するセルフチェックアウトシステム、こがね製麺 草津栗東店に導入

アスタリスクは12月1日に、同社の開発した「人追跡技術」「重量センサー技術」「顔認証技術」などを使用したレジシステム「セルフチェックアウトシステム」の運用を、子会社である自動レジ研究所が展開しているさぬきうどん店「こがね製麺 草津栗東店」(滋賀県栗東市)にて開始した。

「人追跡」「重量センサー」「顔認証」の三つの技術で実現

今回、「こがね製麺 草津栗東店」に導入された「セルフチェックアウトシステム」は、アスタリスクが独自に研究してきた「人追跡(画像認識)レジ技術」や「顔認証での特定システムの技術」などに加えて、新たに「重量センサー技術」などの特許申請中の技術も組み合わせている。

天井に複数のカメラを設置して人物を追跡し、人物の位置のみを特定するので、その人がマスクや帽子をつけたり外したりしても追跡できる。「こがね製麺 草津栗東店」では、最初のオーダーディスプレイから最後の支払いまでのエリア内でオーダー情報を人物に紐付けし、追跡することによってオーダーから会計までフルセルフシステムを実現した。また、未会計でのエリアからの離脱には警告灯で知らせる。

IPアドレスをもった重量センサーで、「天ぷら」や「唐揚げ」などサイドメニューの重量変化を計測するため、画像認識と連携してどの来店客がどのサイドメニューを選んだのかを自動で把握することが可能となっている。

さらに、オーダー確定されたデータを「人追跡システム」で追跡し、選択されたセルフレジにデータを自動転送することによって、来店客が複数あるどのレジに進んでも現金やクレジット、コード決済など自由な決済ができるようになる。また、セルフレジだけではなく返品など急な対応が必要になった際には、対面レジとしても使用可能なので難なく運用できる。

ほかにも、事前に店舗アプリに登録された情報と顔認証を紐づけることで、顔認証のみでクレジット決済、クーポン利用、スタンプ付与などが可能なので、手ぶら決済ができるようになるほか、顔認証というユニーク情報による個人情報の管理で、第三者によるアプリの不正利用も防げる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます