長崎県で初となるイケアのポップアップストア

イケア・ジャパンは9月12日~11月4日まで長崎県で初となるポップアップストアをアミュプラザ長崎本館2~3Fのイベントスペースでオープン。8月3日~9月8日は、福岡の天神地下街東2番街にポップアップストアをオープンする。

長崎は定番人気商品、福岡は「睡眠」がテーマ

長崎のポップアップストアでは、イケアの定番人気商品を中心に約180点を厳選して販売する。

イケアで人気の大きなサメのぬいぐるみ「ブローハイ」や丈夫な布地で、小物を入れる内ポケット付きの収納力が高いバッグ「エフテルトレーダ」、ランドセルもぴったり入る収納ワゴン「ロースコグ」なども販売する。

福岡・天神のポップアップストアでは、「睡眠」をテーマにした品揃えを展開する。

枕やシーツなどの寝具、ベッドルームを彩るベッドサイドテーブル、時計などの家具・インテリア雑貨を中心に約130点を販売する。ストア内では、マットレスや枕を実際に試せるので、自分にフィットした寝具を相談しながら購入できる。

なお、イケアは7月18日に、沖縄県初となる商品受取りセンターを開設する。IKEAオンラインストアやイケア店舗で購入した大型家具の受け取りなどを通常の配送料金より手ごろな価格で利用できるようになる。受取り場所は、沖縄県宜野湾市伊佐にあるブルーラインサービスとなる。