2月10日(日)、大阪・阿倍野ROCKTOWNにてアカペラライブ『A cappella MOVE』が開催! ゲストに背徳の薔薇を迎え、今話題の実力派アカペラグループが5組出演する。

「A cappella MOVE」チケット情報はこちら

まずはゲスト出演のヴィジュアル系アカペラグループ「背徳の薔薇」。時に激しく、時にクールに、時にユーモラスに、ヴィジュアル系の枠にとらわれない新感覚のアーティスト。昨年は赤坂BLITZで「背徳の狂宴 零」を開催し成功を収め、年末の彼らによる主催イベント「背徳の狂宴5」では1分も経たずしてチケットが完売。今ノリに乗っているアカペラグループだ。今回のライブではPART1、PART2のどちらにも出演する。

PART1に出演するのは、吟、sus4の2組。

「吟」は混声の6人グループで、北欧で活動しているプロアカペラグループをカバーしている。民族音楽調の楽曲をパフォーマンスしており、聴く人を不思議な世界観へと誘う。彼らの生み出す妖しい雰囲気と、重厚なハーモニーはクセになること間違いなし。続いて出演するのは「sus4」。男声4名で構成されており、洋邦問わず様々な楽曲をアカペラでカバーしている。型にとらわれない自由な音楽スタイルを追求することをコンセプトに、数々の楽曲を大胆にアレンジし、新しい価値を生み出している。何度でも聞きたくなるおしゃれでカッコいいアカペラを是非堪能して。

PART2には、Union Crow、Be Togetherの2組が出演。

「Union Crow」はアメリカ出身のアカペラグループ「Pentatonix」の楽曲をカバーする5人組。メンバーひとりひとりのポテンシャルが非常に高く、それぞれが魅せるパフォーマンスに注目したいグループだ。もちろん、楽曲の再現度は折り紙つき。思わず体が動き出してしまうパフォーマンスを体感してほしい。

愛知を拠点として活動している「Be Together」にも注目だ。洋楽をアカペラアレンジしているグループで、迫力のあるパフォーマンスと声量で圧倒的な存在感を放つ。力強いが決して荒削りではない、上質で濃厚なアカペラはここでしか味わえない。

超豪華なラインナップを存分に楽しめる『A cappella MOVE』。2月10日(日)は是非阿倍野ROCKTOWNへ! チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます