りそな銀行と埼玉りそな銀行が電子マネー12ブランドの加盟店業務を直接提供開始

りそなグループのりそな銀行と埼玉りそな銀行は、電子マネー運営事業者15社と加盟店業務に関する契約を締結し、2019年12月23日に「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」における電子マネー12ブランドの加盟店サービス(アクワイアリング)の直接提供を開始した。 大手銀行で初となる電子マネーの加盟店サービスの直接提供によって、従来は業務提携先へ取次対応していた電子マネー決済を、Visa、Mastercardと同様に、りそなで直接提供できる。また、ワンストップで対応できる体制を構築し、直接契約を行うことで、サービス開始までのリードタイムを短縮し、加盟店のスピーディーな導入を後押しする。

直接提供する電子マネーアクワイアリング取扱ブランドは、交通系電子マネー(Kitaca/Suica/PASMO/TOICA/ICOCA/SUGOCA/ニモカ/はやかけん)、セブン・カードサービスが提供するnanaco、イオンクレジットサービスが提供するWAON、楽天Edyが提供する楽天Edy。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます