米App Annieは、19年のモバイル市場に関する包括的なレポート「モバイル市場年鑑2020」を1月16日に発表した。モバイル市場年鑑は、アプリ市場データプラットフォーム「App Annie Intelligence」のデータを基に、各業界の動向をまとめたレポート。

モバイル市場年鑑2020によると、19年の全世界アプリダウンロード数は、過去最高となる2040億件に到達した。ダウンロード数増加をけん引する主力になったのは、インド、ブラジル、インドネシアを含む新興市場で、米国、日本、韓国のような成熟市場で、ほぼ横ばいだった。全世界のアプリストア消費支出は1200億ドルに達し、16年の2.1倍に増加している。

1日のモバイル利用時間は、18年から40分伸び、全世界平均で3時間40分にまで増加した。世界でのモバイル中心企業は非モバイル企業に比べ、上場の平均評価額が825%増加している。Z世代は、ランキング上位アプリのユーザーあたりのセッション数が非若年層世代より60%多くなっている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます