NTTデータの「Catch&GO」に顔認証と在庫連動の電子棚札機能が加わった

2019年9月から小売業向けにレジなしデジタル店舗出店サービス「Catch&Go」を提供しているNTTデータは、22年度末までに1000店への導入を目指している。1月16日、Catch&Goに新しく「顔認証入店」と「店頭在庫と連携したダイナミックプライシング」機能を搭載したと発表した。

顔認証入店は、事前にスマートフォン(スマホ)に顔情報を入力しておけば、店舗入口に設置したタブレット端末で顔認証して入店。棚の商品をそのまま持ち出しても決済が完了する。

これまでは、決済手段を事前登録したQRコードを認証して入店する方法だったが、顔認証で入店することで、スマホを取り出す必要もなく、また両手がふさがっていても入店から商品購入、決済までレジなしで買い物ができる。顔認証は、店舗経営者や店員にとって犯罪の抑止力にもつながる。

また、商品やサービスの需給バランスに応じて価格を柔軟に変動できるダイナミックプライシングでは、店頭在庫の情報と商品棚に設置した電子棚札(電子プライスカード)が連携して、在庫に応じて価格が自動的に変更できる。

例えば、賞味期限まじかや売れ残っている商品を値下げするなど、在庫の状況に合わせて適正な価格で販売することで、売り上げの向上や廃棄ロスの削減につながる。

Catch&Goは、店舗内のカメラや商品棚の重量センサーからデータ解析する中国のCloudPick(クラウドピック)と業務提携したサービス。NTTデータは、都内に設置した実験店舗で課題の洗い出しなどを行いながら、導入検討企業と一緒にビジネスプランの仮説を作成するほか、実際のデジタル店舗の出店から多店舗展開するための企画・設計のコンサルティングやシステム面まで長期的にサポートしていく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます