「ファミ通モバイルゲーム白書 2020」による最新市場動向

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、国内・海外のモバイルゲームマーケットをまとめたデータ年鑑「ファミ通モバイルゲーム白書 2020」で、最新の市場動向を1月29日に発表した。

ファミ通モバイルゲーム白書 2020では、19年の世界モバイルゲーム市場について、前年比103.3%の7兆1840億円と推計した。世界全体の6割を占めるアジア(4兆1016億円)は、中国政府のゲーム規制強化などで中国市場が落ち込んだことから前年と比べて微減したが、北米(1兆7064億円)と欧州(8757億円)は前年比増となり、市場全体として引き続き堅調なプラス成長が続いている。

また、同書では19年の国内モバイルゲーム売上ランキングを収録している。第1位は、年間売上711億円の「Fate/Grand Order」だった。17年、18年連続トップの「モンスターストライク」を僅差で追い抜き、初の首位となった。19年9月配信の「ドラゴンクエストウォーク」は、年間239億円を売り上げ、サービス開始から実質3カ月余りで9位にランクインしている。

さらに、ファミ通モバイルゲーム白書 2020ではエンターテインメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」のデータを用いて、モバイルゲームユーザーの実態を調査している。調査では、国内の各タイトルが1週間でプレーされた時間を集計し、拡大推計した「1週あたりの総プレイ時間」としてランキング化した。

19年、国内で最も遊ばれたモバイルゲームは、「ポケモンGO」だった。16年の配信以来、非常に多くのユーザーに継続的に遊ばれていることが分かったとのことだ。19年の新作では、3位に9月配信の「ドラゴンクエストウォーク」、10位に同じく9月配信の「マリオカート ツアー」がランクインしている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます