初日会見に出席した出演者たち

 リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!初日会見が31日、東京都内で行われ、出演者の後藤恭路、滝澤諒、松田凌ほかが登壇した。

 本作は、1989年から『週刊少年マガジン』に連載中の森川ジョージ氏のボクシング漫画を原作とした舞台。内気でいじめられっ子の幕之内一歩がボクシングと出会い、過酷な練習に耐え抜いてチャンピオンを目指す姿を描く。

 一歩役の後藤は「初日という実感がなくて、緊張はあまりないですが、練習でやってきたことをうまく出せればいいなと思っています」とあいさつし、「一歩は最初はいじめられっ子で意気地なしですが、試合を経験してどんどん成長していく姿が見どころです」とアピールした。

 宮田一郎役の滝澤は「みんなで一丸となってトレーニングもして、お芝居だけではなくボクシングにも夢中になってこの稽古に励んできました。ボクシングに対する熱量も作品に乗せてぶつけていきたいと思います」と意気込みを語った。

 また、ボクシングが題材なだけに、出演者たちは体作りに力を注いだそうで、滝澤は「(稽古場の)ケータリングがたんぱく質のビュッフェみたいになっていました。大量の肉が置いてあって、それをむさぼって、食べるたびに筋トレをしていました」と苦笑交じりで明かした。

 舞台は2月9日まで都内・品川プリンスホテル ステラボールで上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます