Visa LINE Payクレジットカードのプロジェクトからオリコが離脱した

LINE Payとオリエントコーポレーションは1月31日、Visa LINE Payクレジットカードの発行における業務提携契約を解消することに合意したと発表した。両社は2020年1月の発行開始を目指し、協議を進めてきたが、昨今の市場環境の急速な変化を考慮して、提携解消に至った。なお、カードの発行は引き続き目指すという。

LINE Payは、「サービス発表以降、心待ちにしてくださっている多くの皆さまから、お問い合わせやご連絡をいただいているなか、お申込み開始まで長らくお待たせしまっており、誠に申し訳ございません」としつつ、「Visa LINE Payクレジットカード」の発行に向けた準備は継続するという。

LINE PayのVisaクレジットカードは発表当初、19年中の発行を目指していた。タッチ決済に対応するほか、初年度は3%還元もあるとのことで、期待を集めていた。19年8月には先行案内の申し込み受け付けを開始。申し込んだユーザーには10月下旬以降に申し込み概要や期間を案内するとしていたが、10月末に申し込みを延期し、開始時期は未定としていた。

オリコに代わるパートナーの検討も含め、今後の運営体制やスケジュールが決定次第、速やかに発表するという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます