LOWARD(ロワード)のディズニーコレクションに、待望の新作が登場。

春らしく軽やかに持てるトートバッグが、2種類発売されます。

今回は、このバッグを手掛けたデザイナーにお会いし、こだわりのポイントやデザインに込めた思いを聞いてきました。

創業70周年のバッグメーカーが提案するディズニーバッグ

株式会社ロワード 本社外観 

「LOWARD(ロワード)」は、創業70周年を迎えた、老舗のバッグメーカー。

主に男性向けのビジネスバッグを展開している中、昨年夏から本格的に女性向けのディズニーコレクションが始まりました。

その全てを手掛けているのが、デザイナーの西澤さんです。

「大人の女性がメイン使い出来るディズニーバッグを作りたい」

©Disney

西澤さんの生み出すディズニーコレクションは、クラシックなキャラクターアートの可愛らしさに加え、トレンドを取り入れた形、見た目以上に荷物が入る使い勝手の良さなど、洗練されたデザインが大好評。

「(ディズニーが好きな人は)20代後半から30代、40代になっても、好きなキャラクターのバッグを持ちたいじゃないですか。

でも、チープなキャラクターバッグでは"ちょっと近所まで"にしか使えないですよね。

私は、幅広い年代の大人の女性が、”コーディネートの主役"として持てるディズニーバッグを作りたいと思っています」と西澤さん。

©Disney

この春に発売される新作を含め、展開キャラクターのメインをミッキーやミニーにしてきたのは、「老若男女問わず誰もが可愛いと感じるキャラクターだから」とのこと。

コアなディズニーファンでなくても、ファッション感覚で気軽に手に取ってほしいという願いが込められているそうです。

 

それでは、この春発売されるLOWARDの新作ディズニーバッグをご紹介しましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます