声優初挑戦を振り返った市川染五郎

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。

 本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイル(杉咲)が出会い、SNSを通じて少しずつ交流を深めていく様子を描いたオリジナルアニメ―ション。

 声優初挑戦となった染五郎は「最初はすごく不安だったのですが、その不安を乗り越えて、作品が皆さんに届く。どんな反応を頂けるのかすごく楽しみです」と心境を語った。

 イシグロ監督は、染五郎を起用した理由について「三谷幸喜さんの新作歌舞伎を見に行ったときに、『そこにチェリーがいる』と思えたんです」と明かした。

 手紙でオファーを受けたという染五郎は「監督からの熱いメッセージが書かれていた。三谷さんの歌舞伎で自分はたくさん成長できた。それが違う挑戦につながるのはうれしい。自分の声が本当に嫌いだったのですが、やるしかないと思いました」と経緯を語った。

 また、父の松本幸四郎の反応については、「一人で試写会に行ってくれたみたいで、『良かったよ』と。『監督が、いろいろ教えてくださったのがすごく分かった』と言っていました」と照れながら明かした。

 さらに映画にちなみ、自身のコンプレックスを尋ねられた染五郎は「あり過ぎます」と苦笑しながら、「歌舞伎では特に舞踊の作品をやる上で、足が長いと腰が落ちて見えない。そこはコンプレックスです」と意外な悩みを口にした。

 一方、杉咲は「スマイルは前歯が出ていることを気にしてマスクをしていますが、私も前歯が出ているので、共感できるなって。でも映画をラストまで見ると、自分にとって恥ずかしい部分でも、誰かからすると、憧れだったりするんだなと感じられる。私自身が勇気をもらいました」と笑顔で話した。

 映画は5月15日から全国公開。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます