写真左より、健人、田村升吾、星乃勇太 撮影:市村岬

日本のソウルフード・お米を擬人化したアニメ「ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-」初の舞台化作品「RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ 」。

穀立稲穂学園を舞台にひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまるの「ラブライス」5人に加え、ライバル米「ST☆RICE(スターリッス)」、「GAZEN BOYS(ガゼンボーイズ)」ら舞台オリジナルキャラクターたちが登場し、よりいっそうお米たちが熱く炊き上がる物語が繰り広げられます。

今回は、都内で行われた本作の稽古場にCharacter JAPANが潜入。稽古場レポートにキャストの田村升吾さん(ひのひかり役)、星乃勇太さん(ささにしき役)、健人さん(ネリカ役)のインタビューをお届けします。

“お米たち”の熱気が高まる! 稽古場レポート

撮影:市村岬

稽古場でまず行われたのは、ライバル米たちを中心とした場面。どうやら彼らは何か危機に直面している模様。それぞれ出身地も特色も違うお米たちがセリフを交えて演じる中、演出の村井雄さんから「オーバーリアクションで」など指導が入ります。

息がぴったりのダンスを披露してみせたのは福島海太さんと滝口幸広さん。途中、滝口さんからアドリブらしきセリフが飛び出し、村井さんが大笑いする…というひとこまもあり、熱がこもりながらも和気あいあいとしたムードで稽古が進みます。

その後、休憩をはさんで稽古に挑んだのはラブライスたち。

撮影:市村岬

長いセリフが続くシーンで、村井さんから「焦らなくていいよ」の声がかかる場面もありましたが、揃ってのセリフも伸びやかな声でまとめるラブライスたち。その表情から真剣さが伝わってきます

撮影:市村岬

まさに炊飯器のような熱気でどんどん高まっていった稽古場。本番に向けてお米たちはおいしく炊き上がっている模様です!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます