2017年に日本で公開されたディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ映画を「ウレぴあ総研 ディズニー特集」サブディレクターが勝手にランキング!

ちなみに、エントリー作品の日本国内興行収入ランキングは、
9位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
8位『マイティ・ソー/バトルロイヤル』
7位『カーズ/クロスロード』
6位『ドクター・ストレンジ』
5位『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2週目時点)
4位『スパイダーマン:ホームカミング』
3位『モアナと伝説の海』
2位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
1位『美女と野獣』

興行収入とはまるで違う、私的ランキングの順位を発表します!

9位『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 © 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

まさかこんなランキングになるとは2週間前には夢にも思っていませんでした。

(悪い意味で)笑ってしまうシーンもイライラするシーンも多く、そもそも映画として微妙…

やりたいことは分かるけれど、ならスター・ウォーズ自体やめてしまえばいいのに。

でも背中合わせで戦うあれは最高でした。

8位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

「最後の」シリーズが続きます。

それがアリならこれもアリじゃないの? という展開は某フォースよりめちゃくちゃですが、ファンが喜ぶ内容をしっかり作っています。

おなじみシリーズの続編としてはファンが喜ぶ姿勢の方がいいな! むしろ名作なんじゃないかこれ! と思う年末です。

7位『ドクター・ストレンジ』

マーベル・シネマティック・ユニバースの新ヒーロー。

映像はすごかったですが、ドクター・ストレンジがあんな中途半端なキャラで良いのかな…と思ってしまいます。

もっと人徳が欲しいとか思いますが、ちゃんとした評価は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』待ちです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます