【K.will】宇多田&EXOも! 多彩なステージでファン魅了

2014.3.6 12:40

バラード歌手のK.will(ケイウィル)が、2月27日から3月2日まで3都市の日本ツアーを開催。「韓流ぴあ」では初日の東京公演の模様をレポートでお届け!

EXOやG-DRAGONをカバーするK.will ©JAKOL CORPORATION Photo:ユ テヒョン
拡大画像表示

韓国のバラード歌手・K.will(ケイウィル)が2月27日、東京・渋谷公会堂で日本ツアー「K.will JAPAN TOUR IN JAPAN 2014」の東京公演を開催した。

2000人のファンでぎっしり埋め尽くされた会場は熱気ムンムン。「魔法使いがコンセプト」というオープニング映像でライブの世界観にファンを引き込むと、K.willは黒いタキシードに蝶ネクタイ、そしてハットというマジシャン(魔法使いらしいけど)のようなスタイルで、ステージセットの上段から軽やかに登場。

昨年10月にリリースした楽曲『You Don't Know Love(チョンスロプケ ウェイレ)』と『出かけると厄介だよ(ナガミョン コセンイヤ)』をムードたっぷりに歌い、伸びやかなハイトーンボイスを会場いっぱいに響かせた。

『出かけると~』では「チブロワ(うちにおいで)」のファンの掛け声もバッチリ決まり、K.willもにっこり、大盛り上がりだった。

韓国で新曲をリリースするたびに各種音楽チャートで1位を獲得、記録を更新中のK.will。この日のステージコンセプトは、昨年12月に行った韓国でのコンサートと同じく「遊園地」。ステージ上にはメリーゴーラウンドや、ジェットコースターを模した電飾など雰囲気もばっちり。K.willは「“K.willランド”でステキな思い出をたくさん作ってください」と呼びかけると、生バンドの演奏(とアレンジ)の下、真骨頂を見せるバラードはもちろん、R&Bやダンス、ヒップホップなど様々なジャンルを自由に歌いこなし、ボーカリストの本領を発揮してファンを魅了した。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント