江戸時代の日本橋を忠実に再現

ここが高速道ルートからの正面入口、“関所”です。

施設の正面にまわってみます。日本橋の街並みを模したという建物にしばし眺め入り、写真を撮ったり、看板や木材のエイジング加工に感心したり。

シミや汚れも再現。
拡大画像表示
風情があります。
拡大画像表示
 
こんな小物も各所に点在。
拡大画像表示

史実にもとづいて忠実に再現するべく、細部にわたってこだわりを持って作り込まれた施設ということで、カメラ片手にシャッターを押す人が多く見受けられます。

確かに、どこからか移築されてきたものと見まごうほどです。視察にやって来た、という感じのスーツ姿の方もちらほら。

 

なんで羽生に、なんで鬼平…?

ところで、なんで羽生に、なんで鬼平なのですか…?

そんな素朴な疑問に対しては、鬼平江戸処の公式HPで明快に説明がなされているので、ご一読ください。

公式HP:http://oniheiedodokoro.driveplaza.com/main/index.html

ここでは、“江戸”という時代のユニークさ、今につながる面白さに着目したいと思います。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます