マヨネーズにまつわるさまざまな情報を体感しながら楽しく学べる新スポット「マヨテラス」が、6月26日(木)、調布市仙川町にオープン。

「一人ひとりとつながり、出会いを大切にしたい」、そんな思いからつくられた施設だそうですが…。早速訪れてみました!

もともとキユーピーの工場だったところに建てられたという、この施設。京王線の仙川駅から歩いて5分強、甲州街道(国道20号)沿いにあります。見かけは普通の会社なのですが…

 

あ、キユーピーちゃんだ♪

 

巨大マヨネーズ登場!

建物の中に入ると、マヨネーズのボトルをかたどった「マヨネーズドーム」がどーんとお出迎え。一気にテンションが高まります。明るくて開放感たっぷり。

この日はオープン日ということで、記念のセレモニーが行われました。招待されたのは、調布市立滝坂小学校5年生の皆さん。以前ここが工場だった時代に、毎年社会科見学に訪れていた、というご縁だとか。

いよいよ、くす玉割りならぬ、卵を割る「割卵(かつらん)式」!
「3! 2! 1! 」のかけ声で、テープを引っ張り…

「キユーピー~!!」のかけ声とともに、卵がパカッ。マヨテラスの誕生! 
キユーピーらしい演出に、一同歓声&拍手&いい笑顔。

その後、あの『3分クッキング』のテーマソングが流れ、みんなで「トゥルルットゥットゥッ♪」と口ずさみました。

生徒さん全員におみやげが配られ、記念撮影です。元気いっぱい!

 
「ハピママ*」更新情報が受け取れます