宮澤佐江連載「ミラチャイ」

[80回]ミュージカル「AKB49」千秋楽直後に聞いた! 初座長・宮澤佐江、舞台の裏側

2014.9.26 13:15

今回は、ミュージカルの千秋楽を迎えたばかり、完全燃焼した佐江ちゃんにインタビューした前編。皆の心を動かしたあのシーンについてもじっくりと聞きました!【毎週金曜更新】

ニイハオ! 宮澤佐江です。

ーーさあ、佐江ちゃん。秋真っ盛り、2週間ぶりの更新です。首を長くして待って下さったファンの方もいらっしゃると思います。今回はやはり、ミュージカル『AKB49〜恋愛禁止条例〜』のお話からお聞きしなければなりませんね! 

はいっ! よろしくお願いします!

ーー改めまして、初の座長公演の大成功おめでとうございました!

ありがとうございます!!! 燃え尽きました……。 

ーー今日(取材日)は千秋楽から2日目ですが、無事全公演を終えられて、ホッとされているんじゃないでしょうか。今のお気持ちはいかがですか?

完全燃焼しました。今は、“終わってからまだ2日しか経ってないの?”っていう感じなんです。

ーー前回、佐江ちゃんに取材でお会いしたのは約1カ月前。“舞台をやり終えてる自分が想像できない! 早く次の『ミラチャイ』の取材がやりたい”って言われてましたね。(第76回)

そうでした、そうでした。。 お稽古の期間は約1カ月間あったけど、きっちり1カ月やれたかというと正直できてなかったから、8月はそのことで不安もあったんです。集中してガッと詰め込んだのは、初日までの残りの1週間ぐらいでした。

ーー今日の佐江ちゃんは、全身脱力状態のようにお見受けします。声もかなりハスキーボイスになっていて…。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング