「横浜刑務所」矯正展に行って分かった、刑務作業の意外な実情

横浜刑務所ってどんなところ? 矯正展のもようは? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

<横浜のココがキニナル!>
横浜刑務所ってどんなところ?(浅田真央子さんのキニナル)/毎年11月頃、横浜刑務所で矯正展がありますが、今年も開催されますか?どんな内容か、気軽に見学できるか知りたいです(suzukaさんのキニナル)

 ※本記事は2012年12月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

横浜刑務所は「B」「F」指標・・・その意味は?

塀の向こうにはネットが。運動場だろうか
拡大画像表示

京急本線「上大岡」駅から南に約1km、港南警察署と港南区役所のすぐ裏手に横浜刑務所はある。

横浜市営地下鉄「港南中央」駅からは100mもないが、ゲートは遠い。

敷地は、横浜スタジアムを含んだ横浜公園全体くらいの広さ。
関東大震災で倒壊した根岸・丸山の刑務所から、12年をかけてここに移転してきた。

収容定員は約1200名だが近年は下回ったことはなく、収容率が120%を超えると暴動が起きると言われている人員を超え、300人オーバーという時期もあった。

刑務所では、同じ特徴を持つ受刑者ごとに収容したほうが効果的な処遇が期待できることから、施設ごとに受刑者を新監獄法で定めた指標に基づいて分類している。

例えば「W」指標は女子、「Y」は26 歳未満の成人、「L」は執行刑期10年以上の者、「A」は初犯者など犯罪傾向が進んでいない者・・・など。

総務部・処遇部等のあるビル。電話を受ける職員の声は意外とみな若い
拡大画像表示
右の建物は少年鑑別所。左奥の建物は高い塀の内側
拡大画像表示
 

ここ横浜刑務所は、「B」指標(再犯者など犯罪傾向が進んでいる者)と「F」(日本人と異なる処遇を必要とする外国人)で、無期懲役受刑者を含む原則26歳以上の男性が中心。約1割が外国人、特に中国人が過半数という。

普段なかなか入る機会のない刑務所だが、調べると法曹関係者や法律を学ぶ学生が、研修として施設見学を行うケースはかなりあるらしい。

今回は、11月3(土)4(日)に開かれた第42回「矯正展」に行ってみた!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング