「日本酒が世界から注目を集めている」

こんなニュースを耳にするようになりましたね。女子の間でも、日本酒ブームが起きていると聞きます。

読者のみなさんの中にも「日本酒を飲んでみたい! けど、どのお酒が美味しいのかわからなくて挑戦できない」という方がいるのでは?

筆者もみなさんと同じ。美味しい日本酒が知りたい!

ということで、”日本酒のソムリエ”と呼ばれる利酒師の飯島宗裕さんに、日本酒初心者の女子におすすめの、美味しい日本酒を教えてもらってきました!

魅惑の“生酒”

まず最初にご紹介するのが“生酒”です。

「羽根屋 夏の純米吟醸 生酒(富山県 富美菊酒造)」

通常、日本酒は品質保持のため加熱処理を行うのですが、これを一切行っていないお酒が生酒です。

羽根屋 夏の純米吟醸の特徴は、

「すっきりとした味わいと、香りのバランスが絶妙。生酒のシャープさの中に、しっかりとした果実味とその余韻が残り、日本酒初心者から上級者も楽しめるお酒」

とのこと。

それでは、さっそく試飲!

ボトルを開けた瞬間に、ふわぁと、甘〜い香りが漂います。“ふくよかな香り”という印象。この香だけで、幸せな気持ちになれます。

このお酒と相性のいいメニューは

「いかの塩辛や、野菜の天麩羅を塩味で召し上がってください」

それでは今日は、塩辛を合わせていただきましょう!

香りから想像しいていたものより、すっきりした味わい。予想外です!

このすっきりした味が、塩辛の濃厚な味と絡まると、ちょうど良い塩梅に。お酒がすいすい塩辛をちょびちょび、お酒すいすい、塩辛ちょびちょび……を繰り返してしまいました。

ついつい美味しくてやめられず、塩辛の食べ過ぎ、お酒の飲みすぎには注意したいところ。