かき氷は、恋を加速させるスイーツだった!

夏の風物詩のひとつ、かき氷。この伝統的なスイーツが、実は彼をキュンキュンさせ、二人の距離をぐんぐん縮める最強の恋愛スイーツだったことをご存知でしたか!?

冷たくて甘~いかき氷と恋愛の間にどんな関係があるのか、探ってみました!

並んでいるときから距離が縮まる!!

最近は人気のかき氷屋さんが多いので、並んでからお店に入るケースも多いですよね。暑い中、二人で並びながら冷たいかき氷を待ちわびる気持ちは、まさにおあずけ状態そのもの。おあずけをくらうと、自然と「欲する」気持ちが高ぶっていき、それは相手を欲する気持ちともシンクロします。

「早く食べたい…!!!」この気持ちが、相手のことをゲットしたいという無意識の気持ちにも大きく影響を与えるのです。

かき氷は「お互いの素顔を知る最適のスイーツ」

やっとお店に入って、かき氷を注文。出てきた大盛りのかき氷を見て、「わ~!すご~い!」と歓喜の声をあげた瞬間から、かき氷ならではのキュンキュンした時間が始まります。

かき氷デートは、「喜怒哀楽が全て詰まった、お互いの素顔を知る最適の場」です。「(並んで)疲れた~」「何にしようかな~」「(注文して)やっと来た~!」「大きい~!」「冷た~い!」「おいし~い!」「あたま痛~い!」「寒~い!」「あ~おいしかった!」...といった具合に、さまざまな感情が入り交じり、さらにそれを声に出さずにはいられない食べ物なのです。

その表情や仕草のひとつひとつに、彼はキュンキュンせずにはいられません。目の前でコロコロ変わる彼女のことが愛おしくてたまらなくなります。かき氷は、自分の素顔を自然に出すことができる最強のスイーツなのです。

「mimot.」と最新かき氷&アイス情報をチェック!