“ペダステ”ガチ勢が語る 新旧キャストたちの絆を繋ぐ『舞台 弱虫ペダル 総北新世代、始動」ステージレポート

過去に何度かウレぴあ総研でもレビューを行っている人気作品『舞台 弱虫ペダル』。3月中に全国各地にて、新たなエピソードが上演された。今回の“ペダステ”ではどんなところが見所となったのか、原作ファンでありペダステファンでもあるライターがストーリーを読解する。

集合写真。個人的にいつもすごいと思っている、ハンドルの個別塗装にも注目して欲しい集合写真。個人的にいつも気になっている、それぞれのロードをイメージしたハンドルの個別塗装にも注目して欲しい 撮影:高橋妙子

毎度原作コミックスが発売されるたび自宅で悶え転がっている筆者にとって、今回の『舞台 弱虫ペダル』は最高としか言いようがない。これからその理由をじっくりと語らせていただきます。

今回の舞台のサブタイトルは『総北新世代、始動』。主人公の小野田たちは物語の進行上、2年生に進級し、巻島や金城など前作でメインを担っていた3年生の先輩たちは卒業したというタイムライン上の話になる。屈強で頼もしく、大きな存在感で自分たちを後押ししてくれていた先輩たちが卒業し、小野田は自分の走りに自信が持てないまま、スランプに陥る。そこに新1年生たちも入学してきて、慣れない“先輩”としてもがんばらなければいけない……。そんな小野田たちの悩みや成長を、今作はメインにしているのである。

今回、新世代チーム総北のメインとして今回から新たに登場したキャラクターたちをまずは紹介したい。

新生総北の中心人物たちとは?

手嶋(右)&青八木(左)の“チーム2人”、舞台でも息ピッタリすぎました手嶋(右)&青八木(左)の“チーム2人”、舞台でも息ピッタリすぎた 撮影:高橋妙子

鯨井康介演じる3年生のキャプテン・手嶋純太。手嶋は、自身が凡人であるとたびたび口にするように、自分の“弱さ”を知っている男である。頭の回転はよく、しかし小野田のような天性の才能はなく、経験から培った計算高さを武器にロードレースを闘う。

そして、キャプテン手嶋を支える副キャプテン、八島諒演じる青八木一。彼は脚力はありながら自己マネージメントが苦手であり、同級生の手嶋とともに練習するうちに、手嶋と二人でのチーム走法を生み出した。寡黙であまりしゃべらない青八木だが、手嶋には絶大な信頼を寄せている。

彼ら二人は自分たちのチームワークを“チーム二人”と称し、ずっと夏のインターハイレースへの憧れを募らせてきた。

2年生ジャージの純太に胸キュンする(ガチ手嶋クラスタ)2年生ジャージの純太に胸キュンする(ガチ手嶋クラスタ) 撮影:高橋妙子

実は、手嶋純太という人物は、これから先の『弱虫ペダル』という作品の中で重要な役割を担っていると筆者は思っている(単純に手嶋ファンだということもあ るが……)。今までは個性の強い先輩や後輩たちの影に隠れて、インターハイという舞台を望むだけの2年生だった手嶋。しかし、昨年のインターハイで総北高 校は箱根学園を倒して王者になり、手嶋は“王者・総北”のキャプテンとなった。その絶大なプレッシャーと戦いながら、昨年インターハイに出られなかった自 身らの弱さをかみしめながらも、青八木と二人で個性的な面々を苦労してまとめ上げていく。手嶋は努力の男なのだ。

そんな手嶋純太というキャラクターの根幹を、鯨井の骨太な演技がしっかり支えていたと思う。八島が演じたフレッシュさ溢れる青八木とのコンビも、見ていてとても清々しい。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント