韓国テレビ番組ガイド&情報 ドラマ&K-POP、バラエティ

【チャン・グンソク】8年ぶりの時代劇がいよいよ放送開始! 日本は「僕の人生の第二の舞台」

2016.5.12 15:00

アジアのプリンス、チャン・グンソクが2年ぶりにテレビドラマにカムバック。時代劇としては、8年ぶりの出演作となる『テバク』(原題)が5月15日(日)より日本初放送スタート。放送に先駆け、インタビューをお届け! 雑誌『韓流ぴあ 5月号』と合わせてお楽しみください!!

8年ぶりの時代劇『テバク』(原題)は
タイトル通り大当たり=テバクの予感!

チャン・グンソク 『テバク』(原題)
拡大画像表示

アジアのプリンス、チャン・グンソクが2年ぶりにテレビドラマ『テバク』(原題)に出演。「テバク」とは「大当たり」を意味する言葉で、「最高、(いい意味で)ヤバイ」という俗語としても使われている。WEB「韓流ぴあ」では、本誌で紹介できなかったチャン・グンソクのインタビューをご紹介!

イケメン的なイメージと中性的な姿を見せてきたチャン・グンソクが、2年ぶりに出演する本作では、これまでに演じたことのない役柄だったから出演を決めたという。

彼が演じるテギルは朝鮮時代最高の賭博師を目指す、風雲児で男らしい野性そのもの。体を張ったシーンをたくさん撮影しなくてはならないため、脚本家クォン・スンギュが何度も「本当にできるか?」と確認したそうだ。その時、彼はクォン作家に、どんな返事をしたのだろうか?

「皆さんが心配するような状況にならないよう、誰よりも安全第一で撮影に挑む覚悟ができている、その自信もあるということをお伝えしました。まずは脚本家、演出家、スタッフの皆さんに信頼してもらうことが大事だと思ったんです」

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント