うねりにぱさつき、ハゲまで!?白髪以外の悩みもいろいろ

白髪が気になる年頃のママたちには、それ以外にもさまざまな「髪の悩み」が。

「出産後に髪のうねりがひどくなり、ごまかすために常に結んでいて、ダウンスタイルはほぼできません」

「ぱさつきやすい乾燥毛で、抜け毛が多いのが悩み。使うシャンプーによってはごわつくのですが、なかなか自分に合ったシャンプーがいまだに見つからず、ずっと迷走中です。3人目の産後には、ついに初めてハゲました(笑)」

「夏場は地肌のべたつきが気になります。子どもが生まれてからは、公園や外遊びに連れて行く機会が増えて汗をかくことが増えたのと、ヘアケアに時間をとれなくなったのもあり、さらにべたつくようになった気がします」

出産後に抜け毛などのトラブルが起こったり、髪のダメージを感じたりするママは多いようですね。さらに加齢と忙しさによるケア不足が、ダメージに拍車をかけます。

白髪が増える上に、髪質も悪くなるなんて。なんだか救いようがない感じですが、こんな声も聞かれました。

「年齢のせいで髪質が衰えたと思って諦めていましたが、子どもが小学校に入学して何だか余裕が出てきてから、こまめにトリートメントして、ヘアクリームを多めにつけていたら、最近は意外としっとりしていい感じ。ただのお手入れ不足だったのかもしれません…」

子育て中のママは、どうしても自分のケアがおろそかになりがち。ある程度の白髪は仕方ないにしても、お手入れで挽回できる部分もありそうです。髪ダメージが気になる場合は、たまにはヘアケアに時間をかけてみてもいいのではないでしょうか。

白髪や髪のダメージが増えて白髪染めが必要になってくると、老けという現実を突きつけられるようでつらいものです。

でも今回ご紹介したコメントからもわかる通り、悩んでいるのは自分一人だけではありません。一見キレイな人でも、アラフォー以上なら必ず何らかの白髪ケアをしているはず。

ヘアカラーのほかにもヘアマニキュア、ヘアマスカラなど、さまざまな白髪染めアイテムがあるので、自分に合うアイテムを見つけて、気軽におしゃれ感覚でケアを楽しめるといいですね。

京都在住ライター。私大文学部を卒業し、会社勤めを経てフリーライターに。東京都内で活動した後に、京都市左京区に引っ越し出産。その後は京都で子育てをしながらライター業を続ける。インタビュー・取材記事をはじめ、カルチャー、ヘルスケア、生活などのジャンルで幅広く執筆。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます