柿バター柿バター

日々おいしいものの情報をお届けする「うまいめし」編集部。
今回は全国のお取り寄せの中から選ばれた、個性的なグランプリ商品のご紹介です。

全国の地方新聞社が厳選したお取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」が、『全国の地方新聞社が選んだ!「こんなのあるんだ!大賞2016」』の審査投票会及び表彰式を開催し、各賞が決定しました。

同大賞は、インターネットサイト「47CLUB」のキャッチフレーズ「こんなのあるんだ!」にちなみ、サイト「47CLUB」で販売する、約1,350ショップ、約3万7,000点の商品の中から、各都道府県を代表する「こんなのあるんだ!」と唸る商品を発掘し日本一を決める年に一度のアワードで、本年が3回目の開催となります。

最終審査投票会で、「こんなのあるんだ!大賞2016」商品部門 最優秀賞に選ばれたのが、今回ご紹介する、東海・近畿ブロック代表・奈良吉野いしい(奈良県)の『柿バター』です。

プレゼンテーションプレゼンテーション(手前はせんとくん)

当日出席した同社の石井専務は、「キズ柿は、安く取引されてしまい、農家の経営を圧迫している。付加価値をつけるための商品を作ることができないか」「消費者に柿という食材を日常に取り入れていただきたい。柿をより身近な食材として日頃から接する機会を設けることができる商品を作れないか」とプレゼンテーション。見事最優秀賞を勝ち取りました。

『柿バター』は、柿を丁寧に煮詰め、コクあるバターとあわせた一品。柿のやさしい甘みとバターの香りが楽しめるそうです。

柿バター柿バター

柿とバター…一見意外な組み合わせにも思えますが、どんな味わいなのか気になります! おいしい食べ方は、パンの耳に焼き色が少しついたら、バターをたっぷり塗ってもう一度トースターで焼き上げるのだとか。溶けた柿バターがパン生地に染み込んで美味しさが広がるそうですよ。

本商品はサイト「47CLUB」で購入可能。またこの他にも今回入賞したお取り寄せ品が発表されているので、気になる人はチェックしてみては?