宮澤佐江

ーーさあ、佐江ちゃん。2017年初回の「ミラチャイ」取材となりました。今年もよろしくお願いします!

はい! よろしくお願いします!!

ーー今回は、プライベートで訪れたパリから帰国したばかりの佐江ちゃんに、その旅行記をたっぷりお聞きしていきたいと思います!

たッだいまぁ〜〜。Bonjour!!(ボンジュール!!)

ーー今回は佐江ちゃんのパリ旅行記、とっても楽しみにしてきました。1月は、日本各地とっても寒い日が続いていましたが、パリも寒かったんじゃないですか?

朝の気温はマイナスでした。暖かいって感じるときでも2℃とか(笑)。気温は基本、マイナス続きだったけど、最高4℃まで上がったときもありました。

私たちが行く前日までは大雨で、私たちがいた4日間だけ晴天だったんです。帰国した後は雪が降ったそうで。雪が降っても、それはそれで素敵なパリが見られたのかもしれないけど、観光するには足元が不便というか。

「日頃の行いがいいんだね」って、すごく言われました(笑)。やっぱり私、“晴れ女”だった。あはは!

ーー今日の撮影も快晴でしたし。

うん、気持ちいい快晴でした。

ーー今回のパリ旅行は、先日お仕事で行った韓国を除くと、卒業後初めてのプライベートで訪れる海外ですよね。

そうです。プライベートでこんなに長い間、海外へ行ったのは初めてです。卒業前にもプライベートで海外旅行に行ったけど、韓国とか近い場所だったり、2日間の弾丸旅行だったりしたから。

パリも初めて行きました。AKB48でヨーロッパ公演をしたことがあると思うんだけど、私はそのメンバーに入っていなかったから、これまでパリにも行ったこともなくて。

ヨーロッパの国は、これまで自分とご縁がなかった場所だったんです。

でも今回は、去年の11月くらいから、「1月にフランスへ行って来てもいいですか? この期間のスケジュールを押さえておいてほしいんです」って、事務所の方にお願いしていたんです。

自分のスケジュールを押さえるなんて、卒業していなきゃできないことだから、“ああ! 卒業していてよかった”って、思いました。

ーー10年間ずっとできなかったことですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー