「Gothic&Lolita Bible」Vol.2。

――服装の話がでてきたところで、今日は「ゴシックロリータ・バイブル」も持ってきたんですよ。

キリ:この号持ってます! 最近休刊が発表されて…。

チノフ:こうやって読んでみると、まだ一般の人にまではカラコンは浸透してない感じですね。バンドマンでもつけている人は少ないかも。

キリ:この頃はデカ目目的のカラコンよりは、硬派な感じのバンドが白コンいれてるイメージ。

みるく:最近は逆にカラコンつけてない人の方が少ないもんね。

キリ:つけまつげもあんまりつけてないね。これもデカ目ギャルブーム以降なのかな。

みるく:なんかバンドマンがサンバイザーとかつけて、ちょっとギャル男っぽいのが増えてきた時期ってあったよね。みんな揃って「ミクスチャーを取り入れてみた」みたいな時期のときに一気に増えた。

参加者の皆さんが持ってきてくださったフライヤーたち。

――ファンの方もギャルっぽくなっていった時期だったので、そこは連動していたのでしょうか。

キリ:CECIL McBEEやMARSみたいなギャルっぽい服が流行ったよね。「バンギャルのギャル化」って文字にしちゃうとよくわかんないけど(笑)、ヴィジュアル系ファンの子もギャル系を着るようになった。

ギャルの中でもお金持ってそうな子がマンテってイメージ。実際に高いけど。

――「JJ bis」や「小悪魔ageha」とかバンギャルさんも結構読んでましたよね。

キリ:ピンキーガールとラパフェとかもよく見たね~。そうそう、姫ギャル全盛期の頃って「スジ盛り派」か「かまぼこ派」みたいなのありませんでした?

みるく:私はかまぼこ派でした!

キリ:私もスジ盛りはあんまり好きじゃなくて、きれいに面になるように盛ってました。

みるく:スジ盛りは顔が派手だとお店の女の子みたいになっちゃうし。

キリ:姫っぽく清楚に「清楚とは?」って感じなんだけど(笑)。縦ロール大好きでエクステつけてコロネみたいな縦ロール作ってましたね。

バンギャルさんのなかでも「姫ギャル系」雑誌のアイメイク特集を参考にしていた人、結構いるのでは?
筆者によるザックリとした「かまぼこ」と「スジ盛り」のイメージ。

チノフ:私はロリータ系の格好をしていました。あの頃はファッションの系統がお姉系かロリータ系とわかれてましたよね。

みるく:デコラもたくさんいたよね~。

キリ:デコラに挑戦しようとして、奇抜なジャージを買って、似合わなすぎて諦めたことがあります(苦笑)。

チノフ:ロリパンク、ゴスパンクみたいな子たちもいましたよね。パンク系の子って最近だとほとんど見かけなくなったなあ。

キリ:昔はよくライブのために盛ってたりしたけど、最近はライブにヘアセットして来てる子も減ってません?

チノフ:高さが出ちゃうと後ろの人に迷惑かかりますからね。

みるく:「盛ってるのがあたりまえ!」「高さがステータス!」みたいな時代もありましたけどね。

キリ:最近私が行くようなライブハウスではロリータファッションも見なくなったな~。ロリータ着てるのは外国人の方が多いくらいかも。

チノフ:ロリータを着ていけるような世界観のバンドが減ったからなのかな。私はイロクイ。やDollyが好きだったんですけど、夢の世界に行くためにロリータを着る、みたいなところがありました。

キリ:私の会社の後輩にもシドにハマってロリータを着るようになった子がいましたよ。

チノフ:ボーカルのマオがロリータファッション好きを公言してますもんね。05年くらいの天嘉(シドの所属するデンジャークルーのイベント)は武道館の半分くらいロリータでしたよ。

キリ:ロリータのなかでもライブ中に暴れて汚れてもOKみたいな人と、そうではない人とハッキリ分かれてたよね。

チノフ:今はきれいになってるけど、昔のAREAの柵で逆ダイするとサビで汚れちゃうってことがありました。

キリ:わかる! そういうときはロリータでも白じゃなくて派手な柄の服を着てましたね(笑)。

チノフ:(笑)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます