宮澤佐江

はい。嫌だったなぁ。ダンスを習うのは、自分でも習いたいと思っていたけど、、親の希望でもあったんです。でも、最初はすごく嫌だった記憶があります。泣いてたなぁ、いつも。

嫌いやながら教室に行って、仕方なく先生がする振りを覚えて。そのとき、レッスン生も、先生の息子と私の2人しかいなかったんです。

ーー!?

教室ができたばかりで、初代のレッスン生だったから。その後、だんだん仲間が増えてきて、それからは楽しくなったけど。

ーーダンスは、始めから得意だった?

いやいや、いやいや。教室で基礎から始めたんです。

柔軟から始めて、基礎のステップを習って。ああ、懐かしいなぁ。

ーー今やヒップホップダンスは、中学の必修科目の1つですよね。

そうですね。必修科目で超、やりたかったなぁ。私が中学の頃に必修科目になっていたら、超、でしゃばってたと思う(笑)

私の頃も、体育の授業でダンスはあったんです。年に1回、3カ月くらいかけて皆で作った創作ダンスを発表するんだけど、楽しかったなぁ。

でも、中1の頃は、私をいじめてくる子たちと、ダンスで同じ組になっちゃって。途中ではぶかれちゃって、体育の授業の後に早退して、そこから不登校になった。

あーー、思い出しちゃった。あははははははは(笑)

ーーいじめはよくありませんね。嫌な記憶を思い出させてしまいました。。

いえいえ(笑)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー