シェイクシャック、京都限定の「宇治抹茶シェイク」を全国店舗で限定提供

サザビーリーグ アイビーカンパニーが運営するニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack(シェイクシャック)」は、7月6日より、京都の老舗お茶屋「伊藤久右衛門」とコラボした、シェイクシャック京都四条烏丸店限定の人気メニュー「宇治抹茶シェイク」を、期間限定で全店舗にて販売する。京都限定の宇治抹茶シェイクが全店舗で販売になるのは今回が初めて。

宇治抹茶シェイクは、「京都店以外でも飲めるようにしてほしい!」と多数のリクエストが顧客から寄せられていた人気のシェイク。シェイクシャックの店舗で毎朝仕込んでいるクリーミーなバニラフローズンカスタードに加えて、伊藤久右衛門のこだわりが詰まった宇治抹茶は、伝統的な石臼挽きの製法で時間をかけ丹念に挽いているため、とても香りが良く、茶葉のまろやかで深い味わいを楽しむ事ができる。

シェイクシャックでは“Stand For Something Good”というブランドミッションのもと、上質な食材を使ったメニューを提供するだけでなく、地域のパートナーとコラボレーションしたユニークな商品も開発しており、宇治抹茶シェイクはコラボレーションの一環で生まれた商品となる。

宇治抹茶シェイクの販売期間は、7月6日~8月上旬まで。販売価格はスモールが616円、レギュラーが814円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます