9月22~28日の期間に注目を集めたニュースは!?

【今週のニュースダイジェスト】 9月22~28日の期間、「BCN+R」で注目を集めたのは、東京・調布市の多摩川周辺で開催した「第38回調布花火大会」について取り上げた記事だった。また、ヤマダデンキが開催するラーメンの祭典「GUNMAラーメンフェスタ2023」に関連した記事も読まれた。「大創産業のインボイス対応」「関東の一般道から入れるサービスエリア」「ハリポタのネタバレ」がテーマの記事も関心が高かった。

音楽と花火がシンクロ

調布市花火実行委員会は9月24日、東京・調布市の多摩川周辺で「第38回調布花火大会」を開催した。約1万発の花火が夜空を彩った。

調布花火は大玉50連発のほか、調布の花火が元祖といわれる音楽と花火のコラボレーション「ハナビリュージョン」が特徴。特にハナビリュージョンでは、コンピュータ制御や音源の調整により、花火と音楽が完全にシンクロするため、迫力ある花火を何倍も盛り上げた。

群馬県で初開催!

ヤマダデンキは10月5~9日の期間、ラーメンの祭典「GUNMAラーメンフェスタ2023」を「LABI1 LIFE SELECT 高崎」(群馬県高崎市)で開催する。入場は無料で、ラーメンはいずれも1杯950円のチケット制を採用する。

GUNMAラーメンフェスタ2023は、全国各地で開催されたラーメンイベントなどで人気の有名店が集結するラーメンフェスタで、群馬県では初の開催となる。会場では、「ラーメンEXPO2022」の第5幕で1位を獲得した「大館 錦本店」や、「最強ラーメン祭2019 in 小山」の第2幕にて1位となった「麺処 若武者」など、有名店のラーメンを950円で味わえる。

9月27日発行からインボイス対応

大創産業は、2023年10月1日から開始される「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」の導入にあわせ、9月27日発行のレシート・領収証からインボイス(適格簡易請求書)として利用可能とした。

店舗のレジから印字されるレシート・領収証は税法上、領収証と認められている。9月27日以降、「ダイソー」などで発行するレシート・領収証には適格請求書発行事業者の登録番号が記載され、この番号と所定の税に関する表記をもってインボイス(適格簡易請求書)として利用できるようになった。なお、インボイスへの対応に伴い、手書き領収証(合算・分割・再発行)の対応は終了している。

旅行気分が味わえる!?

サービスエリア(SA)は、高速道路からでないと行けないと思っている人も多いだろう。しかし、場所によっては一般道からも入れるところもある。今回は、一般道からでも入れる関東のサービスエリアを六つ紹介したい。非日常的な空間が味わえるサービスエリアへ、ふらっと出かけてみてはいかがだろうか。

おすすめなのは、「守谷SA(茨城県)」「友部SA(茨城県)」「市原SA(千葉県)」「蓮田SA(埼玉県)」「佐野SA(栃木県)」「海老名SA(神奈川県)」。旅で訪れるときとは、ひと味違った楽しみ方ができるかもしれない。

迫真の演技だからこそ面白い!

【いま注目のトレンドワード・369】 テレビドラマがきっかけでネット上で話題になることは珍しくない。9月17日には「ハリポタのネタバレ」が世間を賑わせ、X(旧Twitter)でトレンド入りを果たした。

「ハリポタのネタバレ」が話題となったのは、9月17日に最終回を迎えたTBS系日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」内でのやりとりがきっかけ。阿部寛さんが演じる野崎守がハリーポッター好きで、堺雅人さん演じる乃木憂助の素性を探っている際に「スネイプ社と商談がある」という発言を思い出し、「乃木はスネイプ先生だったんだ!」というセリフが登場した。このセリフに「スネイプ先生とはうまい表現!」「ここでハリポタ好きが繋がるとかすごいな」とネット上が沸く一方で、ツッコミの声も殺到した。(フリーライター・井原亘)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます