サブスク型音楽ストリーミング「AWA」、年間ランキングをまとめた特設サイトを公開

AWAは11月24日に、同社の運営するサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」において、2022年11月1日~2023年10月31日の期間における「AWA」全ユーザーの利用動向をまとめた年間ランキングを公開した。

集計期間は2022年11月1日~2023年10月31日

特設サイトでは、1年間の「AWA」全ユーザーによる利用動向に基づいた、「2023年でよく聴かれた曲」「2023年でよく聴かれたアーティスト」といった各種ランキングを発表している。

2023年によく聴かれた曲の1位を獲得したのは、フジテレビ系木曜劇場「silent」の主題歌として書き下ろされたOfficial髭男dismの「Subtitle」で、「AWA」のプレイリスト楽曲ランキングでは4カ月連続で1位となった。2位はテレビアニメ「【推しの子】」のオープニングテーマであるYOASOBIの「アイドル」、3位はVaundyの「怪獣の花唄」となっている。

2023年によく聴かれたアーティストは、1位がOfficial髭男dism、2位がYOASOBI、3位がAdoとなった。

多くの配信者が日々音声配信を行っているラウンジの配信回数は、前年と比較して1.5倍の約7万回に達し、ギフティング、コメント、スタンプ、リクエストといった配信中にリスナーがリアクションをした回数は前年の1.7倍にあたる4.2億回に達した。有名プロデューサーからの楽曲提供をはじめ、地上波放送ドラマのナレーション、ラジオ出演などさまざまな特典を用意したイベントは40回以上開催され、ロックバンド、アイドル、Vtuberなど258組のアーティストがラウンジを開催した。

2023年にラウンジでよく歌われた曲は、1位がHoneyWorksが手がけたmona(CV:夏川椎菜)による「ファンサ feat. HoneyWorks」で、3位にもHoneyWorksの「可愛くてごめん(feat. かぴ)」がランクイン。2位はMAISONdes「トウキョウ・シャンディ・ランデヴ feat. 花譜,ツミキ」が獲得した。

2023年にラウンジでよく聴かれた曲の1位はYOASOBIの「アイドル」、2位がVaundyの「怪獣の花唄」、3位がなとりの「Overdose」だった。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます