芝浦工業大学、学内で使用されるアプリの開発などを担当するアプリエンジニアを在学生から募集

芝浦工業大学は12月1日から、学生生活に役立つアプリ開発を担う「アプリエンジニア」を、同学の学生から公募している。

卒業後のエンジニアキャリアに役立つ能力を習得できる

芝浦工業大学では、学生が自主的に作成していた学生生活に必要な情報(時間割や課題など)に簡単にアクセスできるアプリを大学公式アプリとすべく、作成した学生を2022年11月に開発アルバイトとして採用し、職員と一緒にアプリの開発を進めてきた。

同アプリが4月に「ScombApp」として公式にリリースされ、App Storeでは11月23日時点で累計8000ダウンロードを突破し、App Storeの無料アプリランキングでは82位にランクインしている。

同アプリを利用した学生からは、「お知らせや課題、提出物を手軽に確認できるところが助かる」「課題の締め切りの通知が来るのがうれしい」「時間割がすぐ確認できる」といった意見が寄せられており、学生によって開発されたアプリが学生生活をサポートするツールとして有効であると判断された。

あわせて、同アプリの開発を担当した工学部情報通信工学科4年の佐藤衡平さん、乙戸慎太郎さんは、アプリ開発のスキル向上はもちろん、エンジニアとしての仕事の達成感・やりがいを感じており、アプリエンジニア採用の多角的な効果が認められる。

こうした結果を受けて、今回採用枠を増設し「アプリエンジニア」2名を追加募集することとなった。採用された学生には、「ScombApp」の保守に加えて、学内の会議室や教室といった施設予約を可能にするアプリの開発などに従事してもらう予定となっているという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます