東京さくらトラム(都電荒川線)の1日乗車県、都営交通初のデジタルチケットで発売

東京都交通局は12月15日に、東京都によるスタートアップ支援事業「キングサーモンプロジェクト(King Salmon Project)」において、スタートアップ企業であるRYDEと共同で、都営交通初の「東京さくらトラム(都電荒川線)デジタル乗車券」を発売する。価格は大人400円、小児200円で、一度に最大8枚まで購入できる。

先着1000人限定で半額での購入も

今回、発売されるデジタル乗車券は都電1日乗車券で、通常は紙の乗車券として販売されている1日乗車券を、デジタルチケットとして販売する。

スマートフォンアプリ「RYDE PASS」を通じて、乗車前にキャッシュレス購入が可能となっている。

デジタル乗車券の販売期間および利用期間は12月15日~2024年3月10日。有効区間は東京さくらトラム(都電荒川線)内で、購入から28日以内に利用する必要がある(使用を開始した当日限り有効)。

さらに、購入時にクーポンコード「skr2312w」を入力することで、先着1000名に半額(大人200円、小児100円)で販売する、先着割引キャンペーンも実施する。

なお、デジタル乗車券を購入すると、沿線の飲食店などで利用できるデジタルクーポンがもらえる。

熊野前停留所近くのシフォンケーキ専門店「La Maison du ange(ラ メゾン ドゥ アンジェ)」では、1000円以上の購入+クーポン提示で10%オフになる。

大塚駅前停留所近くのビール醸造所併設店「Smoke Beer Factory 大塚店」では、クーポンの提示で好きな「NAMACHAんビール」を注文時に1サイズアップしてもらえる。

デジタルクーポンが利用可能な店舗や施設は、今後随時拡大していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます